※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


土用の丑の日

(どようのうしのひ)

分類1【言語全般】 
ジャンル1【一般】 

七月二十一日、立秋まえの暑い盛りの日を土用と言い、江戸時代から夏バテ防止に栄養価の高いウナギを食べるという風習を、まんまと鰻屋さんが利用し、1年でウナギがもっとも売れるように仕組んだ日のこと。
登録日
2004/08/18