※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会員募集


KQKとは?

慶応義塾大学クイズ研究会(KQK)は、2011年で創立29周年を迎えた大学公認のサークルです。現在会員は20名で、慶應生が主ですが、インカレサークルなので他大学の学生もいます。

クイズ研究会って何?

皆さん、往年のクイズ番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』はご存知でしょうか?
元々はこの番組に出場するために各地にできたものが大学クイズ研究会の始まりなのです。

普段はどんな活動をしているの?

週2回(月・水)の「通常例会」では、毎回1時間30分の活動時間の中で、会員1人1人がバラエティに富んだオリジナル企画を行っています。
過去にどのような企画が行われたのか気になる方は、「活動報告掲示板」を参照してください。
週1回(土)の「実力養成」は、今年度から追加された新たな試みで、「競技クイズ」としてのクイズの実力養成を目的としています。
その他(火・木・金)の「フリバ(フリーバッティング)」は、集まった会員が細かいルールは設けずに自由にクイズをしています。

対外的にはどんな活動をしているの?

視聴者参加型のクイズ番組が減ってしまった昨今では、個人や団体が主催するクイズ大会(個人戦・団体戦)に参加したり、逆に主催したりしています。

クイズはちょっと苦手…

KQKの現役会員の多くは大学からクイズを始めました。
KQKのモットーは「楽しく」です。とにかく楽しそうなことがしたいそこのあなた、大歓迎です。
もちろん、「ガチガチにクイズをしたい!」という方もお待ちしております。

なんだかんだいってもクイズって…男ばっかでしょ?

いえいえ、女性会員もいますよ。

少しでも興味を持った方は…

少しでもKQKに興味を持った方は、慶應義塾大学日吉キャンパスの食堂塔3階入って右手側にクイズ研究会のたまりがあるので、是非来てみてください。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|