裏作


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

効果

春にも米収入が得られる。収穫量は貫高に依存

発動条件

開墾

発動率

50%

所持武将

武将名 政才 戦才 智才 兵科 特技
島津貴久 88 79 87 裏作
小笠原長棟 87 76 86 裏作
口羽通良 81 52 72 裏作
蠣崎義広 78 68 79 裏作
八戸政栄 75 60 64 裏作
桂元澄 73 59 59 裏作
本多重次 68 52 23 裏作
氏家隆継 64 53 36 裏作
工藤茂道 64 37 36 裏作
芳賀高継 61 43 62 裏作

解説

発動すると、その次の年の春にも米収入が入る(臨時報告などでは報告されないが、米は増えている)。
入手できる米は秋の収穫量のほぼ半分だが、兵士による消費が無いので、実際の入手量はもっと多い(兵士が多すぎる場合は秋より多い事もある)。
 なお、発動した年内にもう一度発動しても、春の収穫量が増えるわけでも、その次の年に引き継がれるわけでも無い。従って1年に1度のペースで発動させると良いだろう。発動後に当該武将を解雇しても、効果は持続されるようである。

地方修正:☆☆☆
全国修正:☆☆☆
序盤に登用できれば、米が不足しがちな春、夏を乗り切れるのは大きく、米が余りがちな中盤以降でも、闇商人に売れば無駄にならない。
トータルで手に入る米量は間作に及ばないが、発動率に難のある間作よりも、安定感のある裏作を推す人も多い。
序盤ほど重要度は高く、特技だけを目当てに全国へ連れて行く価値は十分にある。