外交


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実は、外交こそがこのゲームの最重要ポイントである

本軍の戦闘力不足を援軍で補うためには、外交は不可欠。また全国では多数の連合国同士の戦いになるので、外交力を駆使しないと生き残れない。

ただし、この外交力と言うのはプレイヤー自身の力量に左右されるため、ゲーム内における智才の数値はほとんど影響しない(敢えて言うなら密書を届けるのに必要なくらい)

ゲーム内システムにおける外交について触れておくと、重要なのは内応と謀略であろう。
ただし内応に関しては、忠誠度を上げる事でほぼ完全に防がれるし、謀略の成否に智才の高さは関係ない。

結果、外交面では特技を最優先するべきであり、智才の値に関してはあまり重要視する必要はないと言うことになる。

前述のように外交自体は最初から最後まで重要だが、内応系武将は前半、謀略系武将は後半に活躍の場が多い。謀略内応を嫌う人は、最低限密書を運べる人材(智60程度)さえいれば、ぶっちゃけ智才の高い武将は必要無いと言えそうだ。
ただ、高智才武将がいると謀略を防ぎやすいと言う説も有るので、密書要員を兼ねて一人くらいは抱えておくべきかもしれない。