兵科


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このゲームに出てくる武将は、騎、槍、弓、歩、鉄のいずれかの兵科に分類される。
それぞれの兵科に特徴があるので、長所と短所を理解しておこう。

◆騎/槍/弓
いわゆる三すくみの関係にあり、騎<槍<弓<騎となる。
合戦時、有利な兵科は不利な兵科に対して約1.2倍、戦闘力が上昇する。例えば、戦才80の槍武将であれば(その他の条件が同等であれば)戦才96までの騎武将と互角以上に戦えるわけである。

◆鉄
全ての兵科に対して、約1.4倍の戦闘力上昇修正が得られると言う強力な兵科である。戦才70あれば、戦才98の騎や槍武将と互角という計算になる。
ただし、これは晴れた場合のみ。雨が降ると晴の時の半分に。先の例の戦才70の鉄武将だと、戦才49相当となってしまう。
晴れれば最強、雨が降れば最弱と言うギャンブル色の強い兵科が鉄砲である。
なお、鉄の乱数は非常に大きく、実際には0.8~1.6の幅があり(割合としては1.4が7割ほど)、計算よりは小さい、もしくは大きい戦闘力が出る事も多い。この不安定さも鉄砲の魅力であろう。

◆歩
鉄とは対称的に、晴れに弱く雨に強い兵科。
晴れの時は、全兵科に対して実際の戦才よりも0.9の修正、つまり1割ほど弱体化してしまうが、雨の時は1.1~1.3の修正がつく。
なお、鉄ほどではないが歩も乱数幅が大きく、戦闘力は一定しない。
騎/槍/弓ほど安定はしないが、鉄ほど爆発も弱体も顕著ではない、と言ったところか。