内応


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

他国の武将を引き抜いて、自国の配下に迎える。
実行には、あらかじめ密偵で武将情報を入手しておく必要がある。
智才が高いほど成功率は高いが、特技無しでは忠誠99の武将はまず引抜けない。
また条件が悪ければ、内応を行った武将が逆に説得される事もある。

◆内応結果
成功→自国の配下に加える事が可能
動揺→失敗だが、対象武将の忠誠が1割低下する
失敗→単なる失敗
逆動揺→内応実行武将の忠誠が1割低下する
逆説得→自国からいなくなり、相手配下として登用可能に

◆内応の成功要素
・忠誠→最重要。80よりも低ければ狙う価値はあるだろう
・智才→実行武将の智才が高いほど、対象武将の智才が低いほど成功率は上がる。自分よりも智才の高い武将を内応するのは困難
・名声→自国の名声が高く、相手国の名声が低いほど成功率は高くなる
・複数武将で仕掛ける→内応は所詮は確率なので実行武将を増やす事で確実性を上げる。また動揺時には忠誠低下状態のまま内応可能
・的を絞る→内応は成功回数が増えるほど失敗しやすいので、出来るだけターゲットを絞ろう。普通は1マップで3人くらいが限界である
・甘言/供応を併用→共に忠誠を下げる効果があるため、同時に仕掛ける事で成功率は格段に上昇する
・智才/天賦で内応→この両者は、特技が発動すれば忠99の武将でさえ内応可能

◆内応関連特技
供応
→対象国の兵を1割奪って自国の兵にする
懐柔
→対象国の武将の忠誠を1割低下させる
智才
→内応成功率を大きく上げる(忠99でも可能)
天賦
→内応成功率を上げる(忠99でも可能)