飲みコミ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

KIEFの稀代の酒飲みにより創設された、非公式の専門委員会である。
委員会の創設以前からKIEFの飲み会にコールは存在していた。
しかし、コールという活動の運営を組織的に始めたという点で、飲み会専門委員会は革新を起こしたと言える。

ただし、飲み会専門委員会の存在はKIEFとして公認しているものではなく、完全に非公式の専門委員会である。

mixi上に飲み会専門委員会のコミュニティが存在している。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1971350


創設時期

明確な日付は定かではないが、2007年春の連盟合宿の前後に創設されたものと考えられる。


Rule of KIEF Party Committee


Purpose[目的]

 Party Committee(日本語名「飲みコミ」)は関西地区学生英語会連盟Kansai Intercollegiate ESS Federation(以下KIEF)に於ける一連の飲み会の取り仕切りを行うことを目的とする。


Activity[活動]

以下の3つの活動を主たる活動とする。
1. Call[コール]
1.1. 定義と目的
 コールとは,飲み会に於いて飲酒を求める者に対してそれを囃し,飲み会全体の雰囲気を盛り上げることを目的とする。また,参加者の飲酒の得手不得手を理解した者が,組織的にコールを管理することによって,参加者の飲酒量をコントロールすることを可能とする。

1.2. 準備と具体的活動
� 別に定めるコール集を覚えなければならない。
� 参加者の飲酒能力を把握しなければならない。
� 当日は参加者の体調その他の状況把握に努めなければならない。

2. Care for Over drinker[潰れた者の介護]
 やむを得ず潰れた者が出た場合,飲みコミはその介護に積極的に参加し,早期回復を目指さなければならない。

3. Alternative Organizer[幹事代行]
 Camp CommitteeもしくはCentral Committeeからの要請があった場合,打ち上げの幹事の全部または一部(会場の調整,内容の調整,当日の進行等)を代行することがある。


Member[構成員]

1. Chief/Sub Chief
 一名のチーフと一名以上のサブチーフをおく。この役職は他のあらゆる役職とも兼任することを許される。また,本チーフは次年度のチーフを独断と偏見により指名でき,またサブチーフはその年度のチーフにより独断と偏見により指名される。

2. Other Commissioner
 本コミッティーは以下の適正条件を満たす者がいる限り,任意数の構成員を要することができる。なお,学年は問わない。

【適正条件】
� KIEFの主たる活動に参加する。(夏・春のキャンプ)
� コールをかけるだけの能力を有する。つまり,おもろい。
� 飲み会に於いて潰れない。(酒に対して強弱は不問。)
� 自分の責任の範囲に於いて飲酒をすることができる。

3. Advisor
飲みコミの活動に対して,チーフが必要と判断した場合,アドバイザーとして上回生およびOB/OGの支持を仰ぐことがある。



歴代の飲み会専門委員会 専門委員長

年度 氏名 所属大学
2011 山内 近畿大学
2010 中嶋 大阪府立大学
2009 重石 近畿大学
2008 今井 大阪大学
2007 今井 大阪大学


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。