※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

再会喫茶店

718 :再会喫茶店  2007/10/21(日) 18:18:28 ID:/QdWqyc2  
夜の街を幾人もの人々が行き交っている。
流石にクリスマスイブともなれば、辺りはカップルでいっぱいだ。
「やっぱこの雰囲気には馴染めねぇな…。」
黒のコートを身にまとい、長めの髪を後ろで束ねたサングラスの男―播磨拳児は、ある場所に向かって歩いていた。
イルミネーションと、如何にもクリスマス的なBGMが流れる中、播磨はポケットから一枚のカードを取り出す。家を出てから、何度見返したか分からないそのカードの中身を、もう一度読み返す。『〇×年度矢神学園卒業2―C同窓会+α
>>皆元気〜?来たる12月24日、喫茶メルカドにて同窓会を開きま〜す☆五年振りに逢えるのを楽しみにしてるよ〜?
⌒(^O^)⌒
幹事 塚本天満』
播磨はカードをまじまじと見つめながら、高校時代を思い出す。
「天満ちゃん…結局告白出来ず終いだったんだよな。」
そう、播磨は天満に想いを告げる事が出来ないままに高校を卒業し、矢神の街を出た。そして何人もの漫画家のアシスタントを転々とし、今年の10月にようやく、ジンガマの連載を勝ち取り、漫画家ハリマ☆ハリオとして正式にデビューを果たした。
風の噂で、天満ちゃんと烏丸が付き合う事になったのを聞いた。その日は自棄酒を飲み、泣き明かしたのを覚えている。
「その矢先にこんな招待状が来んだもんなぁ…」と言いつつ、播磨はカードの一番下に視線を移す。
『やっほ〜☆播磨君!久しぶりに逢えるの楽しみにしてるよ☆☆天満』

天満ちゃんの字…
播磨は久しぶりに見る天満の字を見て顔がニヤけるのが分かった。

矢神駅から繁華街を抜け気がつくと、播磨はメルカドの前に着いていた。意を決して扉を引き開ける。

 

719 :再会喫茶店2  2007/10/21(日) 18:22:14 ID:/QdWqyc2  
ガチャ!カランコロン!
ドアを開けると同時に、七色の光が飛び込んで来る。店内に置かれたクリスマスツリーの電飾だった。

「あ…。」
播磨は懐かしい声を聞いた。少し遠慮がちで、でも芯の通った透き通る様なこの声は…?天満ちゃんじゃねぇよな?
「お久し振りです…播磨さん。」
「て…妹さん?」
視界がハッキリしてくると、正面にスラッとした体型の女の子が立っているのが分かる。彼女らしい落ち着いた灰色のロングスカートと、真っ白なセーターがよく似合っている。播磨は、一瞬その姿に見とれた。―――――――――――――――――――――――
八雲は姉、天満の介抱をしていた。

同窓会が始まって一時間、姉さんは勢いでワインを一瓶空けてしまい、潰れてしまった。隣りに居たハズの烏丸さんは、男の先輩たちに引きずられて行ってしまっていた。「姉さん?大丈夫…?」「んにゅ〜からしゅまく〜ん」
私が声をかけても、姉さんはそんな寝言を言って、クゥクゥと寝て居る。夢の中でも烏丸さんを呼ぶ姉さんに、私はクスッと笑みを浮かべる。
「大丈夫だって八雲ちゃん!塚本は酔いがさめればすぐに起きっから!」横から少し酔いかけた感じの周防先輩が声をかけてくれる。
「はい…そうですね。」私がそう返事をすると、周防先輩はニコリと笑って言葉を付け足す。
「そういや、ウチのクラスとかで後まだ来てないのって誰だっけ?」
「あ、はい。少し待って下さい。」
私は姉さんが作った参加者名簿を取り出した。
私の友達のサラや稲葉さん、東郷さんも含め、色々な人達の名前が連なっている。
「えっと…―あ…。」
私は自分の胸がトクンと波打つのが分かった。

 

720 :再会喫茶店3  2007/10/21(日) 18:28:40 ID:/QdWqyc2  
既にメルカドに来ている人には「レ」のチェックが入っているが…ポツンと一人だけ印がついていない人がいる。
「播磨…さんです。」
播磨拳児さん…。姉さんをとても大切に想ってくれた人、私が唯一素直に話せる男の人…。漫画家を目指して、私も播磨さんが書く漫画のお手伝いをして、そして…。
私がそんな事を考えていると、
「お!播磨か〜。アイツは遅れても、人の好意を無にするよーなヤツじゃねぇからな。もうすぐ来るだろっ☆」
少し大きい声で周防先輩はそう言った。私はうなづいた。そうだ…あの人はきっと来てくれる。その時―
カランコロン!
メルカドのドアが開いた。寒い夜風が一瞬店内に入り込む。
「あ…」
ドアに視線を向けた私は自然に言葉が出ていた。扉の向こうには、播磨さんが立っていたから。
「お久し振りです…播磨さん…。」
「お、おう。久しぶりだな、妹さん!」
播磨さんはゆっくりと店内に入った。
(大人っぽくなったな…益々綺麗になったっつーか)
「え…///?」
私はびっくりした。高校時代には一度しか見えなかった播磨さんの心が見えたから。

 

722 :再会喫茶店4  2007/10/21(日) 21:15:40 ID:/QdWqyc2  
遅くなりました。続きです

「ど、どうした?」
播磨さんが吃りながら尋ねる。
「い、いえ。」
私は自分の頬が熱くなってしまっているのを隠すように、俯いてしまった。
(しまったな…意識してしまう…)
私は後悔した。
播磨さんには自然な気持ちを話せる所為か、高校の頃から憬れはあった。播磨さんは姉さんの事が好きなんじゃないかとか、沢近先輩との事があった時も、自分の中に嫌な気持ち…嫉妬…みたいなモノが渦巻いてしまっていた。
だから余計今播磨さんを目の前にして顔を見ることが出来ない…。

 

723 :再会喫茶店5  2007/10/21(日) 21:17:56 ID:/QdWqyc2  
「おっ!播磨遅いじゃないか!キミは相変わらず時間を守れんのか?あっはっはっは!」
背後から、既に出来上がっている花井先輩が、播磨さんの肩を掴んで来た。
「うるせぇメガネ。離れろ。」
「いいじゃないか。久しぶりの邂逅なんだぞ?」「しっつけぇんだよテメェはよ!」
花井先輩と播磨さんの絡み(?)を見て私は、少し羨ましいと思っていた。
(私もあんな風に出来たら…あんな風に男の人と、ううん!播磨さんと…)
「どうしたの?八雲☆」ビクッとして隣りを見ると、サラがいた。
「な、なんでもないよ。」
「ホントに〜?フフッ♪まぁいいんだけど。あ、そーだ。コレ♪」



私がキョトンとしていると、サラが包みを取り出した。
「コレ、渡すんでしょ?播磨先輩に(#^O^#)」
「え?あ…。」
黄色い包装紙で繰るんだそれは、私が播磨さんの漫画家デビューのお祝いに買ったワインだった。メルカドのマスターにお願いして、少し前から預かってもらってたモノだ。
「今日は頑張らなきゃ☆ね?」
サラが私の背中をトンと叩いた。そうして私を送り出し、最後にウインクをした。

 

724 :再会喫茶店6  2007/10/21(日) 21:21:06 ID:/QdWqyc2  
(そう…そうだよね。私の気持ち…お祝いの…気持ちだから。)
自分の顔が少し紅潮してるのを自覚しながら、私は播磨さんに近付いて行く…。

「―…ったく、メガネの野郎完っ全に酔っ払いやがって。」
花井の執拗な絡み(?)から、周防の力を借りて解放された播磨は、一人カウンターでグラスを空けていた。
「キャハハハハハ!」
視線を皆の方へ向けると、天満ちゃんが一際輝いてこの同窓会を楽しんでいた。
「……。」
フッと視界に影がさす。「?」
「播磨さん…。」
見上げると、妹さんが立っていた。ホント、綺麗になったな。月日ってのは凄ぇモンだ。そんな事を考えていた。
「よぉ、妹さんか!どうした?」
「は、ハイ。あの…コレ…。」
「ん?」
見ると、妹さんは少し震えながら何かを差し出している。このフォルムは…?
「ワイン…です。漫画家デビューのお祝いに。」正直、嬉しかった。編集者等からもらったどんな粗品よりも。
「すまねぇな妹さん!こんな気遣わちまって!」
「い、いえ!ホントにただの…お祝いで。」
この女の子は、本当に優しい。自分の拙い漫画を真剣に読んでくれて、時には深夜まで俺の作業を手伝ってくれた事もある。
自分が姉に怒られてしまうかもしれないと分かっていながら…。今、自分があるのはこの女の子のお陰だ。
(何か礼をしなきゃな)「じゃあ…。」
「ちょっと待ってくれ。」
戻ろうとする八雲の手を掴み、彼女を引き止めていた。
「え…ー?」
(播磨さんの手…)
力強い播磨の手の感触に、八雲はドキドキしながら播磨を見返した。
「んと、その、なんだ…良かったら付き合わねぇか?」

 

725 :再会喫茶店7  2007/10/21(日) 21:26:34 ID:/QdWqyc2  
手を放しグラスを持ち上げてニッと笑う。
「え?」
「折角だしよ、このワイン…二人で飲もうぜ。俺はどうもあ〜ゆ〜雰囲気にゃあ馴染めないからな。」
播磨は八雲の後ろを指差す。そこには、2―Cの人達のいろんな姿が映った。その中心に居るのは…。
「姉さん…。」
八雲は呟いていた。
「まぁ座ってくれ。」
八雲は、播磨が引いてくれた椅子に静かに腰掛けた。
「はい、どうぞ。グラスよ?」
メルカドのマスターが、二人分のワイングラスを出してくれる。室内に瞬くクリスマスツリーの電飾が反射して、グラスはキラキラと輝いていた。「ありがとうございます。」

「……。」
「……。」
沈黙が続いた。播磨さんも私も、話しかけるキッカケを探ってるみたい。(どうしよう…何か、お話を///)
(やべぇ…誘っておいてこの空気はやべぇ…)
端から見れば、二人でカウンターに座り、モジモジしている姿は、凄く滑稽だろう。なんとかしなきゃ…!
「は、播磨さん!」
「あ?!な、何だ?妹さん。俺と飲むのが嫌だったら遠慮無く言ってくれ!」
「え…?」
予想外の反応に私は驚く。そんな緊張しなくてもいいのに…。
「い、妹さん?」
私は知らず知らずの内に笑みになっていた。私の知ってる播磨さん…高校時代から変わらない、不器用で真直ぐな播磨さん。
(笑ってる?良かった…嫌じゃねぇんだな。)
また見えた…。一生懸命私の気持ちを考えてくれてる。播磨さん…私、播磨さんの事がずっと…す…好…。
「―――好きか…?」
「え!!?」
私はピクンと跳ねてしまったかもしれない。
「好きか?」って、まさか、播磨さんに心を読まれてる?

 

726 :再会喫茶店9  2007/10/21(日) 21:36:19 ID:/QdWqyc2  
「あの…その…。」
「?どうしたんだ?好きじゃないのか?」
私は首を大きく左右に振った。
「ち、違います!私…播磨さんの事好きです…!」
「え!?」
アレ…?播磨さんが驚いてる。惚けたような顔をして。
「い、いや!俺はただ…『ワインは好きか?』って聞いただけで。」
「え////」
やってしまった。なんて馬鹿なんだろう…これじゃ告白みたいだ………こくはく?
「……。」
「……。」
長い長い沈黙…私は自分の心臓の音が、播磨さんに聞こえてしまうんじゃないかと思った。それくらいドキドキしてるのが分かる。チラリと播磨さんを盗み見る。
「あ…。」
(妹さんが俺を…?いきなりとんでもない事になっちまった。アレ…?けど俺何か嬉しいぞ?ど〜なってんだ?)
まただ…播磨さんの心が見える…。嬉しいって?…私はどうしたいんだろう?
「いいい、妹さん!」
「ひゃいっ///」
素頓狂な声をあげる私に、播磨さんは言葉を続ける。
「ちょっと、外…出るか?」
「え…///」
それ以上、播磨さんは何も言わなかった。けれど…
(妹さん…俺の勘違いか…?)
播磨さんの心が私には流れこんでくる。二人きりになってくれようとしてる…。
「は、はい!行きます。播磨さん…。」
私は精一杯の声を振り絞って答えた。播磨さんともっと長くお話がしたい…ううん、一緒に居たい!そんな気持ちが溢れていた。
「よ、ヨシ!じゃあ…行くか?」
播磨さんが立ち上がる。私も遅れないように続く。

カランコロン♪

店を出る瞬間、後ろで誰かの叫び声が聞こえて来た気がするけど…気にしない事にした。
あ…今日凄く寒いんだ…。ワインの所為か、外がとても寒く感じた。
「その格好じゃさみぃだろ?」
と私の肩に何かが被せられる。フワッと香る男の人の匂い…播磨さんのコートだ。
「え?は、播磨さん…悪いです。」
私が脱ごうとすると―
「良いって良いって!俺は大丈夫だからよっ!」ニッと笑う播磨さん。
嬉しい…
嬉しい…
私は播磨さんのコートを抱き締める様に着込んだ。暖かい…まるで播磨さんが抱き締めてくれてるみたい。
そこまで考えて、私はボッと赤くなっていた。
「妹さん?どうした?」

 

727 :再会喫茶店10  2007/10/21(日) 21:48:12 ID:/QdWqyc2  
「い、いえ!あの…!」(何考えてるんだろう?私…)
私は全身が茹蛸のようになりながら、必死に首を横に降った。

―まるで子供みてぇだ。播磨はフトそう思った。この少女に俺はどれだけ支えられたかわからねぇ。精一杯背伸びをして、考えて、俺の相手をしてくれたこの少女に…何か礼をしなきゃならねぇ!そんな気持ちでいっぱいになった。

「今日って…クリスマスだよな?」
播磨さんがぽつりと呟く。
「はい…。」
暖かいコートに包まれながら、私は答えた。
「昔は…よくサンタのバイトしたっけな。」
「サンタさん…ですか?」
私は播磨さんが意図する所が分からなかった。でも、播磨さんが次に発した言葉で、この問い掛けの意味が理解出来た。
「何でも好きなモン、プレゼントするぜ。昔から世話になりっぱなしだったからな!礼はしなきゃ気持ちが治まらねぇ。」(今日は妹さんだけのサンタだ!…って自分で考えておきながら何てクサいセリフを…////)
「//////」
私は夢を見てるんじゃないかと思った。でも…
(何でも…?そ、それじゃあ、もしかしたら…)「そ、それは、本当に何でもいいんですか…?」私は意を決して尋ねた。「あ…あ、あぁ!何でもいいぜ?何だ?欲しいモンでもあるのか?なら丁度良いじゃねぇか!」

―――――――――――【一応今はここまでです 近日中に結末までを書きます。何かありましたらレスいただけると嬉しいです。】