プラグマティッシェ・ザンクツィオン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国事詔書、Pragmatische Sanktion

本来、重要な国事(プラグマタとはギリシャ語で「事実」の意)に関する君主の実定法のことであるが、1713年4月神聖ローマ皇帝カール6世が定めたハプスブルク家の家憲は最も有名。男子の無いカールはこれにより同家の所領の不可分性と、マリア・テレジアによるその相続を確保しようとし、一応列国の承認を得たが、彼の死後オーストリア継承戦争が勃発した。
(出典:山川『世界史小事典』594ページ)










ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。