シュレージエン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュレージェン、Schlesien

オーデル川中・上流地域。10世紀末ポーランド、14世紀にボヘミア領となり、1526年ハプスブルク家の手に帰したが、1740年オーストリア継承戦争の際プロイセンに占領、併合された。鉄、石炭を産する重要な工業地帯であるが、1919年ヴェルサイユ条約によって上部シュレージエンの東半がポーランド、チェコ領となる。第二次世界大戦中ドイツが再併合、戦後全シュレージエンがポーランド領となった。
(出典:山川『世界史小事典』321ページ)









ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。