ハインリヒ1世


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハインリッヒ Heinrich I
捕鳥王 (876頃-936:在位919-936)

ドイツ、ザクセン朝初代の王。捕鳥王また都市建設王のあだ名を持つ。919年国王コンラート1世の指名と諸侯の推薦で即位しザクセン朝を開いた。東フランク(ドイツ)の統合を進め、次代オットー1世以降の発展の基礎を築いた。









ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。