ザリエル朝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ザーリアー Salier
1024-1125

ザクセン朝の断絶を承け、4代にわたりドイツ王=神聖ローマ皇帝位を占めた王朝。初代コンラート2世がフランケン公国シュパイエル伯ハインリヒの子だったのでフランケン朝とも言う。その前半期は王権が伸張し帝国の声望も高まったが、後半期にいたり叙任権闘争とヴォルムス協約の結果、帝国教会政策は解体して地方分権的傾向が表面化した。
(出典:山川『世界史小事典』271ページ)








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。