シャルル8世


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Charles VIII
1470-98:在位1483-98

フランス国王。ルイ11世の子。13歳で即位、姉アンヌ・ド・ボージューが摂政、反乱諸侯を鎮圧(1488年)。1491年アンヌ・ド・ブルターニュと結婚してブルターニュを王領に併合、以後親政。94-95年イタリアに遠征してナポリに入城、ヴェネツィアをはじめ全イタリアの反撃により退却したが、フランス・ルネサンスの契機となった。一子を失い、彼の死と共に直系ヴァロワ朝は断絶。

(出典:山川『世界史小事典』307ページ)








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。