ナイメーヘンの和約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Nijmegen

オランダ戦争の終結にあたり、1678年から翌年にかけて結ばれた一連の条約。オランダはその領土をすべて回復し、フランスはスペイン領のフランシュ・コンテとフランデレン南部のいくつかの都市を獲得した。フランスはその版図を拡大したが、高関税を撤回して64年の関税に復帰することになった。ナイメーヘンはワール川に面したオランダの都市。

(出典:山川『世界史小事典』491ページ)








ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。