京都観光データベース@ wiki

相国寺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

相国寺
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ほか


概略
相国寺 (しょうこくじ)は、京都市上京区にある臨済宗?相国寺派大本山の寺院。山号は万年山、本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利義満、開山(初代住職)は夢窓疎石である。足利将軍家ゆかりの禅寺であり、京都五山?の第二位に列せられている。五山文学の中心地でもあり、画僧周文や雪舟を輩出した。また、境内には13の塔頭寺院があり、鹿苑寺金閣寺)、慈照寺銀閣寺)は相国寺の境外塔頭である。

歴史
室町幕府3代将軍足利義満は、いわゆる「花の御所」の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを永徳2年(1382)に発願。竣工したのは10年後の明徳3年(1392)であった。寺名の相国は「国を相(たす)ける人」から来ており、中国では宰相、日本では太政大臣の意味になり、太政大臣にまで登りつめた義満によって建てられたことが所以という。義満は禅の師であった天龍寺春屋妙葩に開山となることを要請したが、春屋はこれを固辞。師である夢窓疎石を開山とし、自らは第二世住職になる、という条件でようやく引き受けた。義満が伽藍建立を発願する30年以上前に死去している夢窓疎石が開山とされているのは、このような事情による。春屋妙葩も相国寺伽藍の完成を見ずに嘉慶2年(1388)に没している。相国寺は京都最大の禅宗寺院のひとつとして、また五山文学の中心地として栄えたが、たびたび火災に見舞われた。伽藍完成からわずか2年後の応永元年(1394)に早くも全焼。直ちに再建に着手され、同6年(1399)には高さ360尺(約109m)におよぶ七重大塔が建立された。岡崎の法勝寺の塔にも勝るといわれ、落慶供養には千人の僧侶が招かれ、青蓮院門主尊道法親王が導師となり、御節会に準じて盛大に行われたという。しかし義満没後の応永32年(1425)にも再度全焼、応仁元年(1467)には応仁の乱の細川方の陣地となったあおりで焼失。天文20年(1551)にも管領細川家と三好家の争いに巻き込まれて焼失する。天正12年(1584)、相国寺の中興の祖とされる西笑承兌(せいしょうじょうたい)が住職となり、復興を進めた。豊臣秀吉は寺領として千三百余石を献上し、秀頼は法堂を、徳川氏は三門を寄進した。後水尾上皇は旧殿を下賜して方丈と宝塔、開山塔を再興し、ようやく旧観に復するに至った。現存する法堂はこの時期に建立されたものである。その後も元和6年(1620)に火災があり、天明8年(1788)の「天明の大火」で法堂以外のほとんどの堂宇を焼失した。現存の伽藍の大部分は19世紀はじめの文化年間の再建である。

伽藍

法堂(無畏堂)

慶長10年(1605)に豊臣秀頼の寄進により再建された。入母屋造、本瓦葺で、正面約29m、側面約23m。日本にある法堂建築としては最古のもの。内部には正面に高い階段を三方にそなえた須弥檀があり、中央には本尊の釈迦如来像と迦葉(かしょう)・阿難両尊者が祀られている。天井に描かれている狩野光信による「蟠龍図」は「鳴き龍」として有名。なお西の壇には達磨・臨済・百丈・夢窓疎石が、東の壇には大権修利菩薩・足利義満像がまつられている。

勅使門

境内の南正面に建つ四脚門で、木鼻や蟇股等の建築様式から桃山時代の遺構と見られる。普段は閉じられており、一般の出入りは東隣にある総門(薬医門)が使われている。

開山塔

開山夢窓疎石を祀る堂で、桃園天皇の皇后、恭礼門院の御殿を文化4年(1807)に移築したもの。内部には円山応挙一派の筆になる襖絵がある。前庭は切石でふち取った地に白砂を敷き、石組を配した枯山水庭園。背後に築山を設け、その間を水が流れるようになっていた。この流れは今出川の一部で「龍渕水」と称し、開山堂を出てからの水路を「碧玉溝」という。

方丈

文化4年(1807)の再建。桟瓦葺で桁行約25.5m、梁間約16m。内部には原在中筆「中国菩陀洛山図」「琴棋書画図」や土佐派?による「吉野山桜図」などが飾られている。また方丈には前庭と裏庭のふたつの庭があり、前庭は白砂を敷き詰めた造りで、禅の根本である「本来無一物(執着すべきものはひとつもない)」を表す典型的な禅宗前庭。裏庭は深山幽谷を象った枯山水庭園で、苔が美しい。

庫裏

天明の大火後の文化4年(1807)の再建。禅宗寺院特有の切妻造、本瓦葺の建物で、妻を正面とし、正面左寄りに唐破風に桟唐戸をつけて仏堂風とする。入り口の土間には大きな竈を設け、複雑に組まれた天井の巨材を通して上方に煙出しを設けている。

経蔵

安政6年(1859)に相国寺第120世盈冲和尚の寄進により建立された。高麗版一切経が納められている。

浴室(宣明)

平成14年(2002)6月に復元修復された。宣明とは「大唐五山諸堂図」の中で風呂を描いた「天童山宣明様」という図にあるように、浴室の別名。禅宗では「威儀即仏法」といい、日常の立ち居振る舞いすべてが修行であり、「心」と「体」の垢を落とすという意味で重要である。

承天閣美術館

相国寺に加え、鹿苑寺金閣寺)や慈照寺銀閣寺)などの関連寺院の文化財を収蔵展示する施設で、昭和59年(1984)に開館。伊藤若冲による鹿苑寺大書院の障壁画をはじめ鎌倉から江戸期にわたる墨蹟や絵画、工芸品など、国宝4点と重要文化財111点を含んだ数百点を収蔵する。

主な塔頭

光源院

相国寺第28世元容周頌によって応永28年(1421)に創建された塔頭寺院。はじめは広徳軒と号していたが、永禄8年(1565)に室町幕府13代将軍足利義輝の菩提寺となり、義輝の法号(光源院殿贈一品左相府融山道圓大居士)により光源院と改称された。本堂襖12面には日本画家水田慶泉による龍虎、牛、馬、蛇などの十二支に因んだ動物が描かれている。また墓地には姫路藩主池田輝政の母善応院と、同家臣荒尾但馬守および相国寺の画僧維明周奎の墓がある。通常非公開。

林光院

応永24年(1417)、足利義満の第2子である足利義嗣の菩提を弔うために、夢窓疎石を勧請開山として、西ノ京の紀貫之邸跡に創建された。秀吉の時代に現在の地に移ったとされる。境内の鶯宿梅は「軒の紅梅」ともいい、名木のひとつに数えられている。方丈と庫裏は、近江国仁正寺(現滋賀県蒲生郡)藩主、市橋氏の邸宅を、大正7年(1918)に移築したもの。通常非公開。

瑞春院

作家水上勉が小説「雁の寺」に描いた塔頭寺院で、今も雁の襖絵8枚が本堂上官の間(雁の間とも)に残っている。本尊は阿弥陀三尊来迎像。南北ふたつの庭園があり、南庭は室町期の石組が残る枯山水庭園「雲頂庭」、北庭は夢窓疎石の作風をとりいれた池泉観賞式で、表千家?の不審庵を模して造られた茶室「久昌庵」がある。水琴窟や大茶盛でも有名。拝観は要申込。

慈照院

相国寺第13世在中中淹の塔所で、はじめ大徳院と称した。延徳2年(1490)に室町幕府8代将軍足利義政の塔所となり、その法号をとって慈照院と改められた。本尊は十一面観音?像。江戸初期の草庵風害院造である書院「棲碧軒(せいへきけん)」は寛永9年(1632)に桂宮家の御学問所を下賜されたものといわれ、茶室「頤神室(いしんしつ)」は千宗旦?が智忠親王のために創設した四畳半台目の席。席内には持仏堂があり、利休?の像を安置する。この像は当時、公然と利休?を祀れなかったため、機に応じて布袋の首と挿げ替えられる仕掛けになっている。院内墓地には八条宮智仁・智忠親王以下、桂宮家および広幡家累代の墓がある。拝観は要申込。

大光明寺

暦応2年(1339)に後伏見天皇の皇后、広義門院を開基として、伏見に創建した皇室の御願寺。豊臣秀吉伏見城築城に際して相国寺内に移され、慶長19年(1614)に徳川家康によって相国寺塔頭として再興された。旧伏見宮家の菩提所として客殿に位牌を祀り、方丈には本尊普賢菩薩坐像を安置する。方丈前には石組で「心」の字を象ったという「心字の庭」と呼ばれる枯山水庭園がある。室町幕府9代将軍足利義尚の塔所、常徳院を合併したため、墓地には義尚の墓がある。

大通院

応永23年(1416)、伏見宮栄仁親王が逝去ののち、伏見にあった大光明寺の境内に親王の謚号に因んで創建された。大光明寺が再興された際に大通院も相国寺山内に移転している。安永2年(1773)中興の祖として誠拙周樗が僧堂を開創し、文化元年(1804)に現在の選佛場(坐禅堂)が創建された。現在は相国寺専門道場とされている。通常非公開。

文化財

国宝

無学祖元墨蹟(4幅)

重要文化財(建造物)

法堂

重要文化財(美術工芸品)

絹本著色十六羅漢像 絹本著色鳴鶴図 紙本墨画山水図 紙本墨画猿猴竹林図(長谷川等伯筆) 絹本墨画淡彩鳳凰図 紙本墨書普広院旧基封境図 紙本墨書十牛頌 紙本墨書明主勅書 子元祖元高峰顕日問答語 異国通船朱印状 絹本著色妙葩和尚像(光源院所蔵) 絹本著色二十八部衆像(慈照院所蔵) 紙本墨画達磨像(慈照院所蔵) 絹本著色地蔵菩薩?像(慈照院所蔵) 灰釉四脚壺(慈照院所蔵) 紙本墨書慈照院諒闇摠簿(慈照院所蔵) 絹本著色羅漢像(大光明寺所蔵) 紙本墨書竺仙梵僊墨蹟(大通院所蔵)

拝観情報
住所 京都市上京区相国寺門前町701
電話番号 075-231-0301
拝観時間 春季(3/23~6/4)と秋季(9/15~12/8)のみ10:00~16:00
拝観料 800円(拝観場所は法堂・方丈・浴室の3ヵ所)
アクセス 地下鉄烏丸線「今出川駅」下車徒歩5分
駐車場 駐車場あり(無料)

主な行事

その他

京都検定出題

平成16年(2004)第1回京都検定3級出題
「相国寺境内に住んでいた狐が、お茶の宗匠に化けてお手前を披露したことから、(  )と呼ばれた。 (ア)利休狐 (イ)宗淳狐 (ウ)宗旦狐 (エ)宗守狐」

平成16年(2004)第1回京都検定2級出題
「寺院とその塔頭について誤っているものを選びなさい。 (ア)東福寺・光明院 (イ)建仁寺・両足院 (ウ)相国寺・玉鳳院 (エ)東寺・観智院」

平成17年(2005)第2回京都検定1級出題
「相国寺の法堂天井に描かれている龍は「鳴き龍」として知られるが、この「蟠龍図」の作者は誰か。」

リンク
相国寺オフィシャル  http://www.shokoku-ji.jp/


そうだ 京都、行こう。


更新履歴
取得中です。

@wiki