京都観光データベース@ wiki

堂本印象


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

堂本印象
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ほか


概略
堂本印象 (どうもといんしょう)は明治から昭和にかけて活躍した画家。本名三之助。様々な技法を駆使してあらゆる画題をこなす画才は、各地の寺社仏閣の障壁画においても発揮され、多くの作品を残した。明治24年~昭和50年(1891~1975)

人物史
京都生まれ。京都市立美術工芸学校を卒業後、しばらく西陣織の図案描きに従事し、大正7年(1918)、日本画家を志して京都市立絵画専門学校に入学する。翌年、初出品した「深草」が第1回帝展に入選し、第3回展では「調鞠図」で特選、また、第6回展の「華厳」では帝国美術院賞を受賞するなど一躍画壇の花形となった。絵画専門学校の教授として、また私塾東丘社の主宰者としても多くの後進を育成、昭和19年(1944)に帝室技芸員となった。戦後は抽象表現や障壁画の世界にも活躍の場を広げ、国際展覧会に多くの作品を出展するなど国際的にも活躍。昭和36年(1961)には文化勲章を受賞する。昭和41年(1966)に自作を展示する堂本美術館を自らのデザインにより設立。美術館は平成3年(1991)8月にその所蔵作品とともに京都府に寄贈され、翌年4月に京都府立堂本印象美術館として開館し今日に至っている。

作風と代表的な作品
円山派の流れを汲んだ、華麗な色彩と筆使いを得意とし、日本画だけでなく、油画、彫刻、建築、諸工芸など数多くのジャンルに才能を発揮した。日本画に始まり、戦後から洋画風、そして抽象へと大きく変貌させ、これらの作品群を自ら「新造形」と称して常に新たな挑戦を試みたという。

東福寺仏殿雲龍図  東福寺所蔵
小子房襖絵  教王護国寺東寺)所蔵
仁和寺黒書院襖絵  仁和寺所蔵
西来堂襖絵  西芳寺苔寺)所蔵   

その他

リンク
作品を収蔵する博物館・美術館
堂本印象美術館オフィシャル  http://www2.ocn.ne.jp/~domoto/


amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。
そうだ 京都、行こう。


更新履歴
取得中です。

@wiki