京都観光データベース@ wiki

聚楽第


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

聚楽第
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ほか


概略
聚楽第 (じゅらくてい・じゅらくだい)は、安土桃山時代に豊臣秀吉が京都の内野(平安京?大内裏跡で現在の京都市上京区にあたる)に建設した城郭。京都における豊臣政権の中心地として存在した。秀吉、次いで甥の秀次の居城となったが、秀次の失脚後、秀吉の命により破却された。

歴史
関白に就任した秀吉の京都の居館として、天正14年(1586)2月に着工、翌年9月に完成した。瓦に金箔を貼るなど大変贅沢なものだったというが、全貌を伝えているのは「聚楽第図屏風」に描かれた鳥瞰図のみで、それらによると天守のそびえる城郭であり、本丸を中心に二の丸などの曲輪と堀を巡らした平城としての性格も備えていたことがわかる。天正16年(1588)4月14日には、後陽成天皇の行幸を迎えて、諸大名に天皇と天皇の代理である関白秀吉に忠誠を誓わせたという。また天正少年使節や徳川家康との謁見もここで行われた。天正19年(1591)12月に秀吉が関白職を退き、甥の秀次へ譲られると、聚楽第も秀次のものとなった。秀吉が伏見城の築城に着手しつつあった文禄4年(1595)、秀次が失脚して切腹させられると聚楽第も完全に取り壊され、大部分の建物は伏見城へと移築された。西本願寺の飛雲閣や大徳寺唐門、妙覚寺?表門などは、聚楽第から移築された建物という伝承を持つ。また聚楽第の周囲に置かれた武家町は、如水町や直家町、田村備前町、福島町、弾正町など、現在の町名や通り名にその名残りを留めている。
聚楽第の範囲は未だ諸説あり、確定されるには至っていないが、北端は元誓願寺通、南端は押小路通、東端は堀川通、西端は千本通であると推定されている。近年に行われた発掘調査によっていくつかの発見があった。発掘例としては、上京区一条通大宮下ルにある民家の敷地で花崗岩の切石9個からなる礎石群が発見され、櫓の存在が推定された。平安京?内裏承明門跡の調査では、聚楽第に関連すると思われる四脚門跡や濠跡、整地層などが出土している。西陣職業安定所の発掘では大規模な堀の遺構が検出され、多数の金箔瓦が出土している。

現存する遺構・史跡

松林寺

上京区智恵光院通出水にある寺院。境内南の地面は新出水通より低く、寺の門から本堂裏にかけてさらにくぼんだ部分があり、聚楽第外郭の東西方向の堀にあたると考えられてきた。平成9年(1997)の発掘調査により、部分的な外堀の一郭であったと見られている。

史跡「梅雨の井」

聚楽第内にあり、秀吉がお茶の水をくんだという伝説がある井戸。ただ現在の位置では聚楽第の堀の中にあたると見られ、聚楽第にあった井戸の遺構ではなく、破却後にその名跡を継いだものではないかと考えられている。

聚楽第址石碑

裏門通中立売西南角に建つ。聚楽第があったとされる中心部がこの辺りで、現在でも「聚楽廻(じゅらくまわり)」と通称されている。

黒田如水邸跡石碑

一条通猪熊西入ル南側に建つ。秀吉の重臣、黒田官兵衛孝高(如水)は聚楽第の北東部にあたるこの地に邸宅を設けたため、現在も如水町という町名が残っている。

千利休居士聚楽屋敷跡石碑

利休?の遺した『茶道要録』には邸宅の位置を「葭屋町通元誓願寺下ル町」と記しており、これは現在の晴明神社?に隣接するため、神社内に建立された。

聚楽城鵲橋乃遺跡石碑

松屋町通出水上ル東側にある松永稲荷の前に建つ。この辺りは聚楽第南二の丸の南東の内郭にあたり、堀に架かっていた鵲橋(かささぎばし)があったと推定されている。

西本願寺飛雲閣

西本願寺を参照のこと。

大徳寺唐門

大徳寺を参照のこと。

拝観情報
住所 京都市上京区中立売通智恵光院付近(本丸)
アクセス 市バス「智恵光院中立売」下車

その他

京都検定出題

平成16年(2004)第1回京都検定2級出題
「西本願寺(中略)滴翠園内にある飛雲閣は(  )の遺構と伝えられ、金閣・銀閣とともに京都の三閣と称される(後略)。」

平成17年(2005)第2回京都検定3級出題
「天正15年(1587)、豊臣秀吉が平安京の内裏跡である内野に築造した居館の名称はどれか。 (ア)伏見城 (イ)聚楽第 (ウ)二条城 (エ)淀城」

リンク


そうだ 京都、行こう。


更新履歴
取得中です。

@wiki