京都観光データベース@ wiki

萬福寺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

萬福寺
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ほか


概略
萬福寺 (まんぷくじ)は、京都府宇治市にある黄檗宗?大本山の寺院。山号は黄檗山、開山は隠元隆琦(いんげんりゅうき)、本尊は釈迦如来。日本の近世以前の仏教各派の中では最も遅れて開宗した、黄檗宗?の中心寺院で、中国・明出身の僧隠元を開山に請じて建てられた。建物、仏像、儀式作法から精進料理に至るまですべて中国風で、日本の一般的な仏教寺院とは全く異なった雰囲気を持ち、普茶料理、煎茶道、唐様書道など、隠元のもたらした中国文化は日本の文化全体に大きな影響を与えた。なお「万福寺」と表記されることもあるが、宗教法人としての名称は「萬福寺」である。

歴史
隠元隆琦は中国明時代の万暦20年(1592)、福建省福州府に生まれた。29歳で仏門に入り、46歳の時、故郷の黄檗山萬福寺の住職となる。隠元が招かれて来日するのは63歳の時である。当時の日本は鎖国政策を取ってはいたが、長崎港のみは開かれて明人が居住し、崇福寺、興福寺のような唐寺(中国式の寺院)が建てられていた。隠元は長崎興福寺の僧・逸然性融(いつねんしょうゆう)らの招きに応じて承応3年(1654)、30名の弟子とともに来日する。このときに隠元の名に由来するインゲンマメのほか、孟宗竹、スイカ、レンコンなどを初めて日本にもたらしたといわれている。はじめ長崎の興福寺、次いで摂津富田(現大阪府高槻市)の普門寺に住した。中国に残してきた弟子たちには「3年後には帰国する」という約束をしており、本人も帰国を希望したが、信奉者たちは日本に留まることを強く望み、その旨を幕府にも働きかけている。万治元年(1658)、隠元は江戸へおもむき、4代将軍徳川家綱に拝謁している。家綱も隠元に帰依し、翌年には宇治に土地が与えられ、隠元のために新しい寺が建てられることになった。ここに至って隠元も日本に留まることを決意し、寺は故郷の寺と同名の黄檗山萬福寺と名付けられた。寛文元年(1661)に開創され、延宝7年(1679)頃には伽藍がほぼ完成する。
萬福寺の建築物や仏像などはすべて中国様式でつくられ、寺内で使われる言葉、儀式の作法なども中国式である。歴代住持も第 13 世竺庵浄印までは中国からの渡来僧により継承され、第 22 世格宗浄超からは以後は日本僧が住持を務めた。精進料理も中国風のもので、普茶料理と呼ばれる。植物油を使い、大皿に盛って4人で取り分けて食べるのが特徴である。また萬福寺は煎茶道の祖、売茶翁高遊外ゆかりの寺としても知られ、境内には売茶翁の像を祀る売茶堂がある。

伽藍
萬福寺は、境内全体に中国・明時代末期の雰囲気が漂い、日本の他の寺院とは全く異なった空間を形成する。総門は西に向いて開き、伽藍全体は西を正面として西から東へ一直線に並んで建てられている。またその周囲には多くの付属建物があって、これらの建物間は回廊で結ばれている。材料も南方産のチーク材が使われており、「卍くずし」のデザインによる高欄や「黄檗天井」と呼ばれるアーチ形の天井、円形の窓、扉に彫られた「桃符」と呼ばれる桃の実形の飾りなど、日本の他の寺院ではあまり見かけないデザインや技法が多用されている。

総門

寛文元年(1661)の建立の朱塗りの門。現存する総門は元禄6年(1693)の再建である。瓦屋根の中央部分を高くし、左右の部分を低くして段差を設けているのは牌楼式(ぱいろうしき)と呼ばれ、日本の一般的な社寺建築には見かけない形式である。屋根上左右に乗る魚のようなものは鯱(しゃちほこ)ではなく、摩伽羅(まから)という想像上の生物で、ヒレの代わりに足が生えている。

三門

延宝6年(1678)の建立。重層の楼門作りで、左右に裳階、山廊があり、三間三戸二重門である。「三間三戸」は門の正面柱間が3間で、3間すべてが通路になっているものを指す(日本の禅宗寺院の三門は一般的には「五間三戸」である)。正面の額は隠元の書。

天王殿

寛文8年(1668年)の建立。一重入母屋造。日本の黄檗宗?以外の寺院では本堂の手前にこのような堂を置くことは珍しい。内部には弥勒菩薩?像を安置する。この像は一般的な弥勒?像とは異なり、七福神の布袋像である。これは布袋尊が弥勒菩薩?の化身であることからきている。作者は来日していた明の仏師・范道生。他に韋駄天像、四天王像を安置するがいずれも中国風の様式でつくられている。 X型の組子を入れた匂欄は、襷匂欄(たすきこうらん)と呼ばれ、チベット・中国で使用されているデザインを取り入れたもの。

大雄宝殿

本堂にあたる建物で、寛文8年(1668)の建立。入母屋造。2階建てに見えるが、建築的には一重裳階付きである。上層の額は隠元の筆。正面入口は魔除けとされる桃の実の彫刻を施した「桃戸」を、左右には円窓を備える。天井は蛇腹状の珍しい形式で「黄檗天井」と呼ばれる。内部には本尊釈迦三尊像(脇侍は向かって左に阿難尊者と右に迦葉尊者)と十八羅漢像を安置。建物の前の白砂を敷いた基壇「月台」は、聖域結界として戒律を象徴する空間である。

法堂

寛文2年(1662年)の建立。一重入母屋造。禅寺における重要伽藍のひとつで説法を行う場所である。須弥壇上の額は隠元の書。法堂正面の匂欄は、卍及び卍くずしの文様になっている。

松隠堂

三門をくぐった参道の左側(北側)の一画にあり、隠元の弟子であり、2世となる木庵性瑫(もくあんしょうとう)に住職を譲った後の隠居所として居住したところである。寛文3年(1663年)に寄付された屋敷を萬福寺に移築して「松隠堂」と称したことに始まる。隠元の死後は開山塔院(墓所)となっている。また隠元と木庵、即非如一(そくひにょいち)はいずれも書道の達人で、これら3名は「黄檗の三筆」と称される。

開山堂

開山隠元禅師を祀る堂宇で、延宝3年(1675)創建。入母屋造、本瓦葺で一重裳階付き。桟唐戸、棟上の宝珠、蛇腹天井、正面の桃戸など、大雄宝殿と同じ様式。正面には石畳と白砂があり、建物を取り巻く回廊には卍高欄がある。

斎堂

僧侶の食堂として使用されている。堂内には高脚飯台と腰掛があり、本尊として緊那羅王菩薩を祀る。入口前には、魚梆(ぎょほう)または開版(かいぱん)という巨大な木製の魚が吊り下げられている。これは叩いて時間を知らせるためのもので、木魚の原型ともいわれている。

文華殿

萬福寺の宝物・資料の収蔵保管と展示のために、開山隠元禅師300年大遠諱を記念して昭和47年(1972)に建立された。収蔵品には、隠元禅師の画像を多く描いた喜多元規の作品をはじめ、しばしば寺に出入りしたという伊藤若冲池大雅?の名画があり、さらに隠元の遺品や中国伝来の品々も多数保存されている。年2回、春と秋に特別展を開催している。

文化財

国宝

なし

重要文化財(建造物)

萬福寺伽藍(大雄宝殿 法堂 天王殿 斎堂 禅堂 伽藍堂 祖師堂 鐘楼 鼓楼 三門 総門 東方丈 西方丈 祠堂 大庫裏 威徳殿)
萬福寺松隠堂伽藍(開山堂 通玄門 寿蔵 舎利殿 客殿 庫裏 侍真寮)  

重要文化財(美術工芸品)

紙本著色隠元和尚像 紙本淡彩西湖図・虎渓三笑図・五百羅漢図・瀑布図・波涛図(池大雅?筆) 絖本淡彩観音図 黄檗山木額・柱聯・榜牌・同下書

拝観情報
住所 京都府宇治市五ケ庄三番割34
電話番号 0774-32-3900
拝観時間 9:00~16:30
拝観料 500円
アクセス 京阪宇治線「黄檗駅」下車徒歩5分
       JR奈良線「黄檗駅」下車徒歩5分
駐車場 駐車場あり(90分500円、超過30分毎に200円)

主な行事
1月1日~3日 新年年頭法要
2月15日 涅槃会
4月3日 開山祥忌(黄檗開山・宗祖隠元禅師祥当忌)
4月8日 降誕会
4月中旬 仏供講法要(信徒各家総回向)
5月8日 厳有忌(徳川家綱公祥当忌)、弥勒降誕会
5月21日~22日 全国煎茶道大会
7月13日~15日 中元法要(盂蘭盆会)
9月19日 法皇忌(後水尾法皇忌)
9月23日 北向地蔵尊(霊園総回向)
10月1日 月見茶会
10月5日 達磨忌
10月15日~17日 普度勝会(中国祭)
11月4日 慈愍忌(宗祖生誕日)
11月5日 秋の特別茶席(梵唄・ソプラノとバイオリンの夕べ)
12月1日~8日 臘八大接心
12月8日 成道会
12月13日 煤払い
12月29日 餅つき
12月31日 除夜の鐘、大般若会

その他
普茶料理は5,250円と7,350円(3名以上で要予約)、普茶弁当は3,150円(1名より要予約)。いずれも昼のみ(11:30~14:30、入席13:00まで)。

京都検定出題

平成17年(2005)第2回京都検定3級出題
「萬福寺に代表される中国風精進料理を何というか。」
「萬福寺について誤っているものを選びなさい。 (ア)黄檗宗の大本山で、寛文元年(1661)に隠元隆琦が宇治に創建した (イ)22世住持となった格宗浄超より以前は、中国僧が連続して住持を務めていた (ウ)境内には煎茶を京都に広めた高遊外を記念した売茶堂がある (エ)天王殿に安置されている布袋像は、弥勒菩薩の化身とされ、都七福神のひとつとして親しまれている」

リンク
萬福寺オフィシャル  http://www.obakusan.or.jp/
臨済禅・黄檗禅オフィシャル  http://www.rinnou.net/


そうだ 京都、行こう。


更新履歴
取得中です。

@wiki