京都観光データベース@ wiki

祇王寺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

祇王寺
出典: 『日本歴史地名大系』27(平凡社・1979)ほか


概略
祇王寺 (ぎおうじ)は京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町にある真言宗?大覚寺派の寺院。山号は高松山、本尊は大日如来法然?の弟子、念仏房良鎮の建てた往生院の跡といい、明治期に白拍子祇王ゆかりの寺として再興された。晩秋の境内を埋め尽くす散り紅葉が美しい。

歴史
嵯峨野にある小倉山の東麓、竹林に囲まれた一画に建つ。境内は法然?の弟子の念仏房の創立と伝える往生院跡にあたるが、中世以降荒廃していた。明治28年(1895)に『平家物語』『源平盛衰記』の遺跡として往生院祇王寺と名付け、尼寺として復興。当時の府知事であった北垣國道が、祇王を偲んで嵯峨の別荘にあった茶室(庵)を寄進し、これを本堂にして現在の祇王寺がつくられた。『平家物語』巻1によると、白拍子祇王は平清盛の寵愛を受けたが、加賀の白拍子仏御前に寵愛を奪われた。その後不本意な召出しを受け「都の外へ出ん」と決心し、「嵯峨の奥なる山里に、柴の庵をひきむすび念仏してこそゐたりけり」と21歳で尼となったという。境内には清盛・祇王の墓と伝える五輪石塔と三重層塔があるが、根拠はない。

伽藍

本堂

祇王をはじめ母の刀自(とじ)、妹の祇女(ぎにょ)、後に祇王を訪ねて尼となった仏御前、平清盛の木像が安置されている。控えの間にある吉野窓と呼ばれる丸窓は、光の入り方によって影が虹色に映るという。

文化財

国宝

なし

重要文化財(建造物)

なし

重要文化財(美術工芸品)

なし

拝観情報
住所 京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
電話番号 075-861-3574
拝観時間 9:00~16:30
拝観料  300円
アクセス  市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車徒歩15分
駐車場  無料駐車場あり

主な行事

その他

京都検定出題

平成16年(2004)第1回京都検定2級出題
「平清盛の寵愛を失った白拍子に由来し、往生院の跡に建立された寺院はどこか。」

リンク
祇王寺オフィシャル  http://www.giouji.or.jp/


そうだ 京都、行こう。


更新履歴
取得中です。

@wiki