京都観光データベース@ wiki

天龍寺


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天龍寺
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ほか


概略
天龍寺 (てんりゅうじ)は、京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町(すすきのばばちょう)にある、臨済宗?天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山(れいぎざん)。寺号は正式に天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ)と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である。足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺として壮大な規模と高い格式を誇り、京都五山?の第一位とされてきた。古都京都の文化財の一部として世界遺産に登録されている。

歴史
天龍寺の地には平安時代初期、嵯峨天皇の皇后橘嘉智子が開いた檀林寺?があった。その後、荒廃していた檀林寺?の地に後嵯峨天皇とその皇子である亀山天皇が離宮を営み、「亀山殿」と称した。「亀山」とは、天龍寺の西方にあり紅葉の名所として知られた小倉山のことで、山の姿が亀の甲に似ていることから、この名がある。天龍寺の山号「霊亀山」もこれにちなむ。足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、大覚寺統(後醍醐天皇の系統)の離宮であった亀山殿を寺に改めたのが天龍寺であり、敵対していた後醍醐天皇の死去に際して、その菩提を弔う寺院の建立を尊氏に強く勧めたのは、当時、武家からも尊崇を受けていた禅僧・夢窓疎石であった。寺の建設資金調達のため、天龍寺船という中国(元)との貿易船が仕立てられたことは有名。落慶供養は後醍醐天皇七回忌の康永4年(1345)に行われた。
天龍寺は京都五山?の第一として栄え、寺域は約33万平方メートル、現在の嵐電帷子ノ辻駅あたりにまで及ぶ広大なもので、子院150ヵ寺を数えたという。しかし、その後のたびたびの火災により、創建当時の建物はことごとく失われた。中世には応仁の乱ほか、6回も火災に遭っている。江戸時代の文化12年(1815)にも焼失、さらに幕末の元治元年(1864)、蛤御門の変?禁門の変?)で大打撃を受け、現存伽藍の大部分は明治時代後半以降のものである。なお、方丈の西側にある夢窓疎石作と伝わる庭園(特別名勝史跡)にわずかに当初の面影がうかがえる。また境内には宮内庁管理の亀山天皇陵と後嵯峨天皇陵もある。

伽藍

庭園

曹源池(そうげんち)を中心とし、嵐山・亀山を借景とした池泉回遊式庭園。池の前には州浜形の汀や島を配し、大和絵さながらの景観を見せる。池の奥(西岸)にはふたつの巨石を中心とした枯滝の石組「龍門瀑」があり、鯉魚石を配して中国の登竜門の故事になぞらえている。滝の前に掛かる石橋は日本最古と伝わる。伝統的で優美な前面と宋元画風の禅文化を思わせる池奥の作庭が溶け合い独特の美しさがある。夢窓疎石の作庭といい、国の特別名勝及び史跡に指定されている。

法堂(選仏場)

禅寺の中心堂宇としては珍しい、寄棟造単層の建物で、明治33年(1900)の再建。須弥壇に本尊釈迦如来像と普賢・文殊像を安置する。もともとは選仏場、つまり坐禅堂だった建物を移築し法堂としたもので、正面軒下には「選仏場」の大額が掲げられている。天井には直径9mの円形に雲龍図が描かれている。上村松園?の師匠である鈴木松年の筆による明治期の作品だったが、傷みが激しかったため、平成9年(1997)に加山又造?により新たに制作された。厚さ3cmの杉板159枚を張りあわせ、漆地の上に白土を塗って描かれている。

勅使門

四脚門。江戸期の火災を免れた寛永年間(1624~1644)のものとされ、天龍寺では最古の建築物。細部によく桃山様式を伝える。

大方丈

明治32年(1899)に再建された天龍寺最大の建物。前後に3つの部屋が並び、東正面の中央の間には釈迦如来像が安置されている。

小方丈(書院)

大正13年(1924)の建築。大方丈から続く建物で庭園に突き出た格好になっている。

多宝殿

昭和9年(1934)に再建された後醍醐天皇を祀る建物。小方丈から長い廊下でつながる。吉野朝の紫宸殿を偲ぶ建築様式。内部に後醍醐天皇の木像を安置する。

主な塔頭

宝厳院

天龍寺の塔頭寺院で、寛正2年(1461)に創建された。「獅子吼(ししく)の庭」は、嵐山を借景とした枯山水庭園で『都林泉名勝図会』にも紹介された名園。春は新緑、秋は紅葉がみごと。春秋などに行われる特別公開やライトアップの時期を除き、通常非公開である。

弘源寺

天龍寺の塔頭寺院で、永享元年(1429)に室町幕府管領であった細川持之が創建し、持之の院号をもって弘源寺の寺号とした。嵐山を借景にした枯山水庭園「虎嘯(こしょう)の庭」は春秋のの時期を中心に特別公開される。

臨川寺

夢窓疎石が晩年を過ごし、ここで没した。本堂の後ろにある開山堂には夢窓疎石木像が祀られている。本堂の正面にある枯山水庭園「龍華三会の庭」は夢窓疎石の作庭と伝わる。通常非公開。

文化財

国宝

なし

重要文化財(建造物)

なし

重要文化財(美術工芸品)

木像釈迦如来坐像 絹本著色夢窓国師像(3幅) 絹本著色観世音菩薩像 絹本著色清涼法眼禅師像・雲門大師像 紙本墨書遮那院御領絵図 紙本墨書往古諸郷館地之絵図 紙本墨書応永鈞命絵図 東陵永璵墨蹟 北畠親房筆消息 

特別名勝

天龍寺庭園

史跡

天龍寺庭園

拝観情報
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話番号 075-881-1235
拝観時間 8:30~17:30(10/21~3/20は8:30~17:00)
拝観料 庭園拝観500円(諸堂拝観は別途100円)
アクセス JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩10分、京福電鉄嵐山線「嵐山駅」下車徒歩3分
駐車場 駐車場あり(1,000円)

主な行事

その他

京都検定出題

平成16年(2004)第1回京都検定2級出題
「天龍寺の法堂天井に描かれている龍は八方睨みの龍として知られているが、この雲龍図の作者は誰か。」

平成17年(2005)第2回京都検定2級出題
「世界遺産に「古都京都の文化財」に登録されている寺社等は、文化財保護法に基づく国宝建造物もしくは特別名勝の庭園があるものに限られているが、国宝建造物がある寺院は次のうちどこか。 (ア)西芳寺 (イ)慈照寺(銀閣寺) (ウ)天龍寺 (エ)鹿苑寺(金閣寺)」
「足利尊氏は、後醍醐天皇の追善のために天龍寺を開創したが、その造営費用調達のため、天龍寺船を就航させ貿易を行った相手国はどこか。」

平成17年(2005)第2回京都検定1級出題
「天龍寺は(中略)足利尊氏が、後醍醐天皇の冥福を祈るため、(  )上皇の亀山殿の地に開創した。庭園は国の史跡・特別名勝で、近景の亀山や遠景の嵐山を借景とした池泉回遊式で(  )の作庭といわれている。」

リンク
臨済禅・黄檗禅オフィシャル  http://www.rinnou.net/


そうだ 京都、行こう。


更新履歴
取得中です。

@wiki