※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

社内からの問い合わせ

サーバにISDNのダイアルアップ接続を持たした場合に、

ISDN接続時にLANとISDNでルーティングをスタティックで記述する場合、

ISDNに接続した状態で、ルート -pでADDする。

そうすれば、ISDNが切れた後もルーティング情報は残る。

接続していない状態で、route add してもInterfaceがないため、エラーで登録できない。