※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fedora11でscim-anthy

Fedoraはバージョン11より、入力メソッドがSCIMからiBusに変わったもよう。 ただし、iBusのAnthyでは予測変換機能が使えず不便なので、SCIMを使うことにしました。

Fedora11にSCIMを導入するには、以下のコマンドを実行。

$ su
# yum install scim-lang-japanese scim-anthy

あとは、GNOMEメニューの設定から「入力メソッド」を選び、iBusからSCIMに切り替えればOK。