※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3話


《偽典・八戸のぶなが物語3》

八戸少年の質問に、はたして※選手は曖昧な笑みを浮かべたまま何も答えなかった。
※選手は八戸少年が促す前に病室に入り、ベッド脇に置かれたパイプ椅子に腰をおろした。
八戸少年はしかたなくベッドに座り、※選手に向き直った。
「のぶなが君は手術を嫌がってるそうだね?失敗が怖いのかい?」

※選手はおもむろに八戸少年に言った。
八戸少年はうなずいた。失敗したら死んでしまうかも知れない。
それが怖くない人間がいるわけないじゃないか。
そうした気持ちを八戸少年は正直に※選手に打ち明けた。
※選手は黙って八戸少年の言葉を聞いていた。彼はスポーツ選手らしく、
多くの言葉を費やして八戸少年を説得しようなどとはしなかった。
「失敗を恐れていては何もできないぞ、のぶなが君」
※選手はそう言った後、普段テレビの前では決して見せない悪戯っぽい笑みを浮かべた。

「よし。僕が挑戦することの素晴らしさを君に見せよう。八戸のぶなが君。
今日のナイターで、僕は全打席ホームランを打ってみせる。君のために」
八戸少年は目を丸くした。
「そんなこと、できるわけないよ」
「はたしてそうかな?やって見なくちゃわからないぞ。…だから僕と賭けをしよう。のぶなが君」
「賭け…?」
「もしも、僕が全打席ホームランを打つことに成功したら、君は素直に手術を受けるんだ。いいね」
バカげてる、と八戸少年は思った。気がつくと彼は「いいよ」と口にしていた。
自分の生死にかかわる大手術と、そんな夢物語を同等に扱おうとする
※選手の態度に、腹立たしさを感じていた。

※選手が病室に滞在していたのはほんの5分ほどだった。
後は八戸少年の学校生活や家庭でのことを少し話しただけで、
※選手は「練習があるから」と帰っていった。

その晩、八戸少年は携帯用のテレビを病室に持ち込み、じっとナイターを見守った。
母親は※選手から事情を聞いていたのかもしれない。
面会に来た彼女はテレビを見つめる八戸少年のかたわらにいたが、
真剣な息子に対して何も問い質さなかった。

…そしてその晩、プロ野球史に残る大記録が樹立された。5打席連続バックスクリーンという…