※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5話


《偽典・八戸のぶなが物語5》

コーチに命じられるまま八戸少年はマウンド上からキャッチャーミットめがけてボールを全力で投げた。
--ズハババンッッッ!!!!
「こ、これは!」
練習の活気に満ちていたグラウンドは一瞬にして静寂に包まれ、コーチの顔色が一変した。
「八戸!もう一回投げてみろ!」
コーチの命に従い、八戸はもう一度渾身のストレートをミットめがけて投げ込んだ。
--ズババババンンッッッッ!!!
見守るチームメイトの一人が独り言のように呟いた。
「…すっげえ…」
「これは…ジャイロボールだ…」
震える声でコーチが言った。

--この日から八戸少年の運命は一変した。
そう、八戸少年はプロ野球界にもごくわずかしかいないジャイロボーラーだったのだ。
弾丸と同じ回転を有するジャイロボールは、通常のストレートと比べて手元で抜群の伸びを誇り、
それを投げられるということはそれだけで野球をやる上で
他人よりも一段階も二段階も優位にあると言えるのだった。
八戸少年はすぐにチームのピッチャーに抜てきされた。
始めは体力不足が顕著だったのでリリーフとして、
しかしやがて体力も充分につきエースへとなった。

練習試合でも、公式戦でも、八戸のストレートに触れられる打者はいなかった。
県下の強豪中学からスカウトが来るような六年生の有名スラッガーでさえ
八戸の前では巨大な扇風機も同然だった。
八戸少年はマウンドに登場したその日から、次々と三振の山を築いていった。
それは公式大会に出場した後も変わらなかった。

そして--
野球のボールにはじめて触れてからわずかに半年後。
少年野球全国大会決勝戦のマウンドには、
優勝チームのエースとしてチームメイトから胴上げされる八戸のぶなが少年の姿があった--