立野正裕


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文学の鬼。
専門は英文学であるが、その狭溢な範疇にとどまらずに、
時代を問わず、古今東西のありとあらゆる文学作品を闊歩する。
また、自ら西欧の塹壕地であった場所へ赴き、その紀行の記録を書物に残す。
反戦の思想、非暴力の思想の可能性を追求し、徹底した論理を掲げて現実世界と対峙する。
公な自己露出は極めて控えめであるが、それはつまり、明治大学に入学した者のみが、
彼の授業を受講することや、未世出の論文を読むことができる訳であり、正にプレミアムな特権である。
その古の武将さながらの豪快な外面とは裏腹に、繊細で些細な美を享受する内面を保持していることは、
彼の幾つか世に出ている著作を読んでみれば明らかであろう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー


在校生向け

受験生向け

編集用


【このページの来訪者】
合計: -
今日: -
昨日: -