シリーラのオデイラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シリーラのオデイラ Odayla in Sylilla
熊、狩猟の神

オデイラは狩りの神であり、オーランスの兄弟である。「野の姫」の息子である彼は、獣と人間のあいだのものであり、また森と人里の境界に立つものでもある。「星の熊」として、彼はオーランスの光持ち帰りし者たちの探索を助けた。オデイラは毎年死しては甦る熊でもある。シリーラ君主領では、主神として信仰されており、さまざまな下位カルトをもつ。

加入条件: 特になし
アトリビュート: 〈登攀〉、〈レスリング〉、〈避難場所を見つける〉、〈釣り〉、〈植物知識〉、〈オデイラの神話〉、〈雷鳴の兄弟の神話〉、〈弓術〉、《魂視》
美徳: 〈忍耐強い〉、〈勇敢〉、〈自然への敬意〉
縁故: 《オデイラの入信者》または《オデイラの帰依者》、〈[寺院]の一員〉

神力
《熊》 (《熊の力》、《食料をあさる》、《冬眠する》、《食い物をかぎつける》、《匂い判じ》、《熊の毛皮》、《痛みを無視する》、《獲物を怯えさせる》)
《狩り》 (《鋭い視覚》、《正確な一射》、《獲物の動物を引きつける》、《雪上を走る》、《寒さに耐える》、《爆発的なスピード》、《匂いを隠す》、《電光石火の一刀》、《衝撃粉砕》)



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。