翻訳記事 > アーグラス――“彼ら”は何者だったのか?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



アーグラス――“彼ら”は何者だったのか?

by ジェーン・ウィリアムズ(Jane Williams)
原文:ここ

まず、私がアーグラスに興味を持つ主な理由は、彼がカリルの物語に強い影響を与えたからだ、という事は言明しておいた方がよいかもしれません。彼女が1630年に亡くなった後については、私は興味がありません。ここでは、議論の末に導かれた結論を別々に述べることにしました(何人かを集めてすばらしく簡明な解答を求めたところ、それが信じられるものだったので)。

まず、「アーグラス」というのは、名前ではなく称号です。それはサーター語で「解放者」を意味します。誰でもそれを使うことができますし、何人かは実際に使ったようです。後の時代には彼らの物語は一つとなって語られ、相当の混乱を来すようになります。サーターの皇子、そしてドラゴン・パス王となり、ついにはルナー帝国を滅ぼした“真の”アーグラスは一人の人物です。しかしながら、アーグラスについて「一般に知られていること」のほとんどは、間違いか、あるいはひどく誤解を招くものである事が証明できます。これは多くの疑問を生みますが、ここでそのいくつかに答えてみようと思います。

“アーグラス”は何人いたのでしょうか?

少なくとも3人。“鋭き剣の”ガーラスが“真の”アーグラスです。“白い雄牛の”アーグラスは、プラックス人のリーダーでした。“パヴィスの”アーグラスは、最も小者(そして不愉快)なリーダーで、1620年代のパヴィスにおいてのみ活動していたようです。

原典について:どれがどの人物のことを説明し、どのくらい信頼できるのでしょうか?

残念ながら、これについて簡略に述べることはできません。しかしながら、もし「グローランサ年代記」(以下「年代記」)を読んでいないのなら、一読をお勧めします。完全に信頼できる原典はありません。中には故意に嘘を述べているものもあります。私が見つけた主な原典(コメント付き)については、こちらをご覧下さい。

“鋭き剣の”ガーラスについて:彼の血筋は? どのようにして育ったのでしょうか?

彼の本当の両親は彼がとても幼い頃に死んでいます。彼の養い親は、彼が14歳の頃に亡くなりました(少なくとも、その歳に彼はステッドを逃げ出しました)。彼は母方にサーターの血を引いていると噂されています。しかしながらこれは非常に面倒な問題――主に、カランドリ氏族とそのさらに込み入った歴史に関するもの――が絡んできます。

ガーラスが生まれた年を特定できますか?

はい。1588年頃です。

“白い雄牛の”アーグラスについて:彼について分かるのは?(また私はどれくらい話をでっち上げられますか?)

祖先がサーター人のプラックス人です。彼は部族を連合させ、パヴィスとコーフルーを解放し、その後にカリルと同盟しました。

パヴィスとコーフルーの解放について:何が起こったのですか?

遊牧民の大軍勢を率いる“白い雄牛の”アーグラスと、そのとき「ゆりかご」の旅から帰還し、数十人の“狼の海賊”を率いていたガーラスとの同盟です。ガーラスはルナー帝国は聖王国で手一杯だということを知っていました(彼はちょうどそこからやって来たところだったのです)。また彼にはパヴィスに市門を開けた同盟者がいました。

褐色のドラゴンについて:アーグラスはどのようにしてそれを召還したのですか?

彼はドラゴンを召還していません。アーグラス“たち”の誰もそれを行ってはいません。彼らはそのときパヴィスにいたのです。私はカリルの物語を分類している時にこれについて調査し、後にパトリック・サンドベルグ(Patrik Sandberg)氏などと議論を行いました。私の結論とパトリック氏の結論の両方を読むことをお勧めします。

アーグラスが「サーターの王」となったのは何年ですか?

カリルがハレックに殺された後、1631年です。しかしながら、彼は1627年以降、サーター北部(かつてターシュ王国の一部だった地方)の支配者であったようです。

アーグラスが「サーターの炎」を灯したのは何年ですか?

言えるのは、彼は灯していないということです。カリルは1627年にそれを再び灯しました(少なくともアーグラスのうち2人はそこにいましたが、炎は灯していません)。彼は1631年の戴冠式に、何らかの方法でその「ふり」をしたのです。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。