雛菊想恋 ◆03vL3Sy93w



……あれからどれくらい泣いたのだろうか。
気がつくと、自分は真っ白な空間の中にいた。
「……どこなのよ、ここ」
桂ヒナギクはその空間にただ一人ぽつんと立っていた。
(何でこんなところに……)
そう思っていたときに、一人の少女が姿を現した。
「だ、誰!?」
その少女は、自分にとって馴染み深い少女だった。

「……つか、さ?」

かつての仲間だった、柊つかさが、目の前にいた。

「久しぶりだね、ヒナちゃん」
「どうしてつかさがここに…?」
ヒナギクは、今目の前にいるつかさに驚いていた。
今の状況を整理しようと、とりあえず頭を回転させてみる。
しかし、つかさはそんなことも気にせずに話し始めた。

「お姉ちゃんは、元気にしてるの?」
「え?……うん。元気にしてるわ」
……とりあえず今は話し合おう。そう考えたヒナギクは、今いるつかさと話し続けた。



◆     ◆     ◆

ヒナギクはつかさに今までの状況を話した。
かがみに出会ったこと。村雨が記憶を取り戻したこと。勇次郎やラオウを覚悟たちが倒したこと。
色々なことをつかさに話した。
川田がゲームに乗ったことや、川田がこなたを殺したことは隠した。つかさがショックを受けるかもしれないからだ。

「……ねえ、つかさ。私、聞きたいことがあるんだけど」
「どうしたのヒナちゃん?」
状況を話し終えたヒナギクは、つかさに一つ聞きたいことがあった。
それは、覚悟を愛することをやめたヒナギクにとって重要なことだった。

「どうして、『違う世界にいる』川田君を最期まで愛することが出来たの?」
「……え?」
ヒナギクは、つかさが死ぬ間際に川田に愛の告白をしたことを思い出した。
川田もつかさも違う世界から来ている。今となっては無理だが、もし生きて帰るのならば二度と会えなくなってしまう。
それなのに何故愛し合うことが出来たのか?ヒナギクはそれが疑問でならなかった。
「えっと、……それってどういう意味?」
つかさはヒナギクの心情を知らないのか、少しおどけた表情で言葉を返した。

「……元の世界に帰ることができるようになっても、つかさは川田君とは違う世界にいるのよ。
 帰ったら、二度と会えないのよ。それなのに、どうしてつかさは川田君のことをずっと好きになれたの?」
ヒナギクが再び質問すると、意外な答えが返ってきた。



「……人を好きになるのって条件がいるの?」
「え?」
「私は必要ないと思うよ。川田君がどこの世界にいても私は川田君のことが好きだったと思う。それに…」
つかさは、さらに言葉を続けた。


「人が人を好きになるのは自由なんだよ」


そう言ったつかさは、満面の笑みを浮かべていた。


◆     ◆     ◆


「………夢?」

ヒナギクが目を覚ますと、そこは覚悟と別れた場所だった。
恐らく泣き疲れていつの間にか眠っていたらしい。
今までつかさといたことは全て夢だったのだろう。ヒナギクはそう思った。
しかし、つかさが最後に言った言葉が脳裏に焼き付いて離れない。


       『人が人を好きになるのは自由なんだよ』


その言葉は、彼女が一度固めた『決意』を揺るがせるほどだった。


(……私はどうすればいいの?)
ヒナギクは迷っていた。つかさが川田を愛したように覚悟を愛するのか、それともこのまま愛さないのかを。
そして、彼女の答えは……



(……学校に行ってからにしよう。葉隠君たちが待ってるかもしれないから。)

……出なかった。ヒナギクは答えを出すことが出来なかった。
そして、答えが出ないまま、ヒナギクは村雨たちがいる学校へと走り出した。


【C-3 中央部 2日目 午前】

【桂ヒナギク@ハヤテのごとく!】
[状態] 顔と手に軽い火傷と軽い裂傷。右頬に赤みあり。右肩が外れている、手の平に裂傷、勇次郎平手によるダメージ 、核鉄の治癒力により回復中
[装備] バルキリースカート(核鉄状態)@武装錬金、木刀正宗@ハヤテのごとく
イングラムM10(9ミリパラベラム弾0/32)454カスール カスタムオート(6/7)@HELLSING 13mm爆裂鉄鋼弾(28発) 陵桜学園高等部のセーラー服@らき☆すた
[道具]支給品一式、ボウガン@北斗の拳、ボウガンの矢17@北斗の拳




[思考・状況]
基本:BADANを倒す。
1:学校へ向かい、覚悟、村雨、かがみ、エレオノール、パピヨンと合流。
2:1が終わり次第、繁華街のホテル(E-2中心部)で再集合
3:覚悟に対して…?
[備考]
※参戦時期はサンデーコミックス9巻の最終話からです 。
※核鉄に治癒効果があることは覚悟から聞きました 。
※バルキリースカートを使いこなしました。バルキリースカート本来の戦い方ができるようになりました。
※エレオノールと和解しました 。
※服は現地調達したものに着替えました。
※服部、ジョセフ、エレオノールと情報交換をし、友好関係を取っています。
※アカギと情報交換をしました。
※覚悟を愛するか愛さないかは、次の書き手にお任せします。


245:チェイン 投下順 247:帝王賛歌
245:チェイン 時系列順 248:ダイヤモンドダスト・クルセイダース
240:運命のルーレット叩き壊して 桂ヒナギク 249:あの忘れえぬ思い出に『サヨナラ』を