死亡者名鑑「さ行」




才賀勝


       ,、-'´    ,-'´  ,、 ヽ  ,、-  ヽ     `‐、``‐ 、
      / /  // ,-'´  \/ ̄`ヽ  ',       \‐、._`‐、
    //  // , -'´,、-‐ヽヽ/`、::...  ',', ', ヽ      \ ``‐、ヽ
   //  //,-'....::/        ',i::... ',', i::.. `、: : : : : : 、: ,、-‐ー-、\
; ://: :/:/: ..:::..::::/   ____   ',l:::::... |l..:l::::.. : `、: : '; : /     \`、
;::::::...../...:::....:::::::::/ ,、-'"´::::::::::::::``‐-i、';::::::::::lヽ:::';::.. `、 : :/ な  し  .何',. ',
;::::::::::::::::::::::::::::::///:::::;、-‐ー─‐--、._;;l;;lソ';::::::::lト ヽi';:::....';::::i れ. あ  で i
;:::::::::::::::::::::::::;//∠-''´ ,、-‐ー‐- 、‐-、 ノ l  ';:::::;'l::\l ';:::::::::::l な  わ  み l
/ ̄';::::::::::::/l l  、 /  ,、-‐ー、 ヾ、 ', .l  l::;'i l:::::::ヽi::::::::::l. い. せ  ん l
,ヘi  .i::::::::::;' l l  i/  /:::::∩::::l ',ヽ  l  ,','l::l-ヽ:::::::l:::::::';:l  の に  な l
 l  ,'::::::::::l l l __ミ|lヽ、__l:;:;:;::ソ;:;:ノ  l   l ,',' /|l,-‐、ヽ:l:::';::::l  さ      l
ノ ,'::::::::::::l : l: : ヽ`‐、._ニ==ニ二ニi、 ノ ノノ / l/:;;::',ヽレ::::';:::l  あ       .l
i  i:::l:::::::::l : : : : : :i: : :,-:、: : ,、-‐i /: 〉: : ::::::::'; /::ン:/ l l:::::::l:::|  ・      l
', l::l l l:::l : : : : : ;ノ: /: : :;': ;': : : l :l: : : :::::::::::::::``‐-、_/:::::::::l:::l  ・       .l
ノ .l::l l l:::l: : : /,-'´,、-/ !O 丿ノ o    ___   ,イ::::l::::::l:;' ',        ,'
 l:::l l l::l // /-‐ー-、 / /。   ` マ  イ l:::::::l::/ l::ヽ     /
ノl l l  ';!/ / /`´L_」、  Y`‐、._       '´ l ,'l l::lO l:l ,'::://‐--‐''´
 l |l l  ヽ /:::::::::::::::::::::`‐-、._ / ``‐-、.____ / /.,'::l / l:l:::;'
_,、-‐ー''"´ ̄ ̄ ̄フ:::::::::::::::::/ 7 -〈  /´ i) ノ/ /:::l/  i::::/
;::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽヽ_ヽ_7´ヽ_//// l::::l  /:/
;:::::::::::::::::::::::::::/7‐-、._:::::::::::::::::::::::::::: ̄7 // l::/ /
;:::::::::::::::::::::/`‐、._ /  `7‐-、._::::::::::::////丿 l:/
;:::::::::::::::::/  、   `` ‐- 、._ ノ 7ヽ:/ /:/
;::::::::::::::/   ``‐-、._ ゚  `` ‐--‐'´/イ/
;:::::::::::/ し  0    `` ‐- 、.___ノ / /
;:::::::::/ o       0    。  /  ,'
;::::::/   ,、-'´ `` ‐- 、.___,、-' o i
;::/_,、-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``‐-、._
,、-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ‐- 、.__

才賀 勝
登場作品 <からくりサーカス>
総登場数(11)
関わりの深い人物:才賀エレオノール、パピヨン、泉こなた、愚地独歩、加藤鳴海
関わりの深い支給品:オリンピア

「花嫁は月輪に飛ぶ」で初登場。参戦時期はギィ先生死亡時(41巻)。『分解』の能力は制限されている。
加藤鳴海、しろがねを助け、フェイスレスの野望を挫くため支給品のオリンピアで飛び立つ。
原作での奮闘っぷりからもどんな活躍をするのだろうと住民の期待を集める中、
最初に出会ったのはなんと最愛の女性(一応語弊無し)であるしろがね。
勝にしては運良すぎじゃね? と思う人の予感的中、しろがねの参戦時期は原作1巻の前だったため、
才賀勝が人形を使えるわけがないと騙した騙してないで一触即発に。
しかしここで勝は機転で自分を偽り、なんとか衝突を避ける。

その後2人は通称バトロワの火薬庫である喫茶店へ行き、偵察組みと居残り組みに別れることになる。
この際加藤鳴海とも再会するが、当の鳴海も記憶喪失状態なため彼を察することは出来なかった。

喫茶店に残った彼はパピヨンと泉こなたに事情を話す。
考察の途中、しろがねに正体を明かすことで起こりうる悲劇を察するも、
なお彼は挫けずしろがねの説得の敢行を決意。

喫茶店を出た3人が次に遭遇したのはセクシー2人。失礼、愚地独歩とシェリスでした。
第二回放送で精神ダメージを追った泉こなたのために再び残留組と先行組に別れるため、
今度は愚地独歩と逆十字号で移動することになる。
愚地独歩とちょっと心温まるトークをした後、範馬刃牙を破った加藤鳴海と合流、
先に戻っているはずのしろがねと落ち合うべく喫茶店を目指す。

だが、そこに待っていたのは範馬刃牙の話術に嵌ったしろがね、そして範馬勇次郎であった。
しろがねの相手を愚地独歩に任せた彼は加藤鳴海の助けとなるべく戦地へ赴く。
一瞬の隙をついて範馬勇次郎の肩の関節を『分解』した彼であったが、それ以上には為す術もなく嬲られてしまう。
しかし、傷つく子供を放っておかない悪魔がそこで覚醒。
加藤鳴海が記憶を取り戻し、一時は範馬勇次郎を押す展開に。
それでも現実は無常。さらに戦況は一転し、彼は獅子を前にしたネズミと化す。
そして無残にも彼は範馬勇次郎に頭を潰され死んでしまう。

結果的に無念のうちに死んでしまった彼だが、
範馬勇次郎を相手にしてもなお人の幸せを願う彼の心に住民は涙することになる。
AAの台詞は原作中の彼の発言で、それを思うとどうにも切なくなってしまう。

称号 <不屈の生涯>




坂田銀時


                        ,  __ 、   __
                       il ー )ヽ)、'´,'´__,ィ,
                      , -‐゙      ´  "ニ、
                 , '/            ヽ_`,
                i、、_!             ン´ マリアさんのおっぱい…
                ヽ、゙     ,  , 、 、  、 ヽ
                    ,', - /, '  i ,' ヽ ヾヾ、、`i 'l
               、_彡' ' ,'i,'_l、ヾ l、l_l」i, ,  ミー
                 _ン ゝ、ilrlモi=、 lr'iモiゥ,イ,イン、´
                      '´,ゝi ー‐' `ヽー‐'l',ィ'、`
               ,  -‐ ´/i,iヽ  __   ,イlヽ、` ‐- 、
               ,<´      /l ' 'l i` 、'/゙`/!l ' lヽ    `ヽ,、
              /  ヽ     /l   ヽ "`´   /   l、ヽ     /  ヽ、
            /   ヽ   /l   ヽ     /   l 、    /    l
         | , '    ヽ  / l /|\ヾ  '/ィ'`iヽ、 l 、,  /    、 l
           /   、  ヽ l` '、´  | i i`V´i l  | _ >' i / ,  i   ヽ
        |,     l   l l   > |  l l ゚//   | \   ヽl l l     ヽ
        /     、ヽ l,l/ , '´    |  l´゙"7   |  \  ヽl l       ヽ
       /  ー- ヽヽ、l/  \   |  ├┤  |     /  ヽ l,__‐--   `、
        /        `〈    \  |   l l   |   /    〉´        ヽ
     〈           \   ヽ  |  l  l  |   /     /           l
        i..、            \  `、 | l  .l |  /   /           /|
      | \            \  l | l  l |  l  /         /::::::|
        |:::::::\         `ゝ、| l   l | l∠         /::::::::|
       |:::::::::::::`ヽ、        /´ ,ゝ l   l |<´ ヽ        /::::::::::::::|
         |:::::::::::::::::::::::\   /   /  ヾ   l/ `ヽ、 \   /::::::::::::::::::::l
        |:::::::::::::::::::::::::::\/、 /ヽ    ヽ /    r'、ヽ/、/:::::::::::::::::::::::/
           l::::::::::::::::::::::::::::::::::`i::::::l     Y    l:::::`l:::::::::::::::::::::::::::::::::/
          〉、::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::i   i i    イ:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/
         〈 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l:::r゙  、 、 〉 i .レ::::/::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ
          ∧  〉::::::::::::::::::::::::::::::l〈,ィil / /i !__!‐'::::/:::::::::::::::::::::::::::::∧ /l
       /   V∧::::::::::::::::::::::::::::::l::::゙-'ー'i-'i:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::| ´ l、
    , -‐/   / |::::::::::::::::::::::::::::::,ゝ:::::::::i:_:i:::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::|l    l ヽ、
    /   /    /   |:::::::::::::::::::::/ l-‐´ ̄  ̄`‐-l- 、:::::::::::::::::::::::::| l   ヽ \
  / /     /  ` ー-- イ    l     i    ,'   `i 、_::::::::::/ ヽ   `   \
/´       /        /'     l   _l l    l     ヽ  ̄´   ヽ       ヽ
`ヽ、 _   /--――‐フ< `ヽ、   )、 ̄   ̄`l    , -‐ヽ、___ _ヽ       ヽ
       ̄      , '´   `ヽ ヽ, ィ'-'l      l`ー-、/ , '´ ̄ヽ     `ー――‐'  ̄
             i゛='、____, ゝ‐'ニ-‐´       ヽ _、`´、   , ,',i
           `ー ニニ-‐'´               ヽ 、`二ニ-'

坂田銀時
登場作品 <銀魂>
総登場数(8)
関わりの深い人物:ラオウ、範馬刃牙、マリア、吉良吉影、範馬勇次郎
関わりの深い支給品:蝶ネクタイ型変声機、核鉄(ソードサムライX)

「支給品に核兵器はまずすぎる」 で初登場。
いきなり出会ったラオウに死兆星について尋ねられ、適当に見たと答えるという見事な死亡フラグを立てるも
さすが銀魂主人公とでも言うべく逃げっぷりで難を逃れる。
その後出会った刃牙から戦いをせがまれるが断固拒否。最終的にはソードサムライXを譲り受け、別れた。
それにしてもこの主人公、戦わない。

病院に入ってからは吉良吉影のストレスを増幅し、マリアにナース服を着てほしいとお願いしたり
ルイズの魔法で美形ともどもアフロになる、とあまりにもフリーダム。
その流れでヒョウヒョウと生き抜くかと思われたが、
第二回放送後に現れたラオウに立ち向かうルイズをどかすため、勝負を買って出る。
ソードサムライXを得て戦力を手に入れた彼だったが、ラオウ相手には為す術もなく秘孔新血愁という死の宣告を受けてしまう。
だが、彼に興味をなくしたラオウはアカギを追って病院へきた範馬勇次郎と戦闘を開始し、
その戦闘の中で秘孔無効化されていることが発覚する。
死の危険を免れた彼だったが、死闘を繰り広げる2人を野放しにするのは危険と判断し、
隙を見計らい双方に斬撃を入れ、勇次郎については左腕を切り落とした。
しかしそれでなお戦いを止めない2人の一撃を受け、地に伏せたところを範馬勇次郎に殴り殺されてしまう。

態度とは裏腹に根に熱いものを持つ男の死であった、と言わざるを得ない。

称号 <一閃の白夜叉>





防人衛



                ヽ   ト
            ヽ‐- 、 ヽ:ヽ、.l:ヽ、
          、‐‐- .,,ヽ:::::::::::'::::::::::::::ヽ_____
          ,.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.r‐'´
       -=ニ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        ,.r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__、
       -‐‐7::::::::::::::::::::,.::::::ィ::::::ィ:::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::/レイr'7//r '´lレク/7::::::::::::::::ヽ
       /'イ:::::::/ /`ヽ、.i l l   ,,.r‐、レ'l::::::::::::l`ヽ
        /:::::::::l ヽ, -ュォヽl.l l r'__   '〉l:::::::::::::::l
       ' イ:::::,.l  ` ` ´‐' :.: '‐  ̄` .l:::::/ヽ::N
         l:/ |       :.      'l:/  .}::l
           ヽl      :ェ      / / `
            l.  ヽ=====ァ   / '
            ヽ ヽ-‐ '''' ‐-,./  ,イ
          ,.. -‐.lヽ, `' ニニニ ' ,/:l 、
      ,. -‐' ´    l .`、 ..:::::::..../  l  ` ヽ、
       ヽ      ,.rl   `' ‐‐ '    l、      `ク
      ,,.-ヽ   / .!         `ヽ    /
   ,.r '  /    { 、             }ヽ  ヽ 、
  /   <     l:::::`'‐- 、____,,... - ':/     > `ヽ 、
/     \   l::::::::::::::::::.....   ...:::::::/    /     `ヽ

防人衛(キャプテン・ブラボー)
登場作品 <武装錬金>
総登場数(7)
関わりの深い人物:劉鳳、桐山和雄、村雨良、葉隠散、アーカード
関わりの深い支給品:シルバースキン形コート、核鉄(シルバースキン)

「正義のカタチ」 で初登場。
冒頭のシェスタの死に無力感を覚えるも、
過去の失態を繰り返さないためにもロワに乗らないことを決意する
その時、決意のために公園の遊具にブラボー拳を放つのだが、
たまたま近くにいた劉鳳に公共物破壊の社会不適合者と誤解される。
しかし、互いの正義の波長が合ったのか、殴り合いの末和解する。

その後桐山和雄を仲間に加えると一時劉鳳と別れ、マップの境界の捜索に向かう。
首輪の30秒ルールを知った後、変電所で劉鳳を待つが、
先に現れたのは平賀才人を殺した村雨良と葉隠散だった。
シルバースキンを持たない彼が散に勝つ術はなく、
桐山和雄の決死の乱入により命を拾うことになる。

桐山和雄、武藤カズキ、平賀才人の死は彼の心に大きなダメージを与え、
さらなる強敵であるアーカードに苦戦を強いられる。
だが、駆けつけた劉鳳、アミバ、服部平次、タバサの協力により巻き返しを図る。
戦闘中にアミバからシルバースキンを受け取り、ようやく本領発揮となった彼であったが、
アーカードのクロムウェルの開放を防ぎきることはできず、捕食されてしまった。

ちなみに彼の核鉄はあらかじめ奪われていたのだが、
支給品にたまたま原作のアフターで着ていた服があったためそのブラボーっぷりは健在である。

称号 <最後まで貫き通した信念>




三千院ナギ


.         |                      ヽ/
    だ    l.    /       /         |    み や エ
    か    |  _  /   /   X     /  /  |  .|    
    ら     !'´_ ∨/  /   /  \/  ./!  .!  .|    せ り レ
.    :    ! i ∨/  /   /,≠=x、\  //   '  |    
.    :     //r,イ/  / / ,イ{  ,イ `ヾ∨/|   /   |    る. と 説
____/!  l   / // ` ./.::`:.ー/`< ,!  '     |    
  /j ヽ     ヽ. _l / イ    {.:.:.:.:.:/  / /    ,j    さ. げ 得
. // ヽ \ /   |// /   i   ゞ- '   / /    ,.イ ヽ     。
/   / / ∨    l. /       , -r- 、    / /  /´    \ 
 _/_/__/     | /     /   `ヽ_ヽ / イ            ` ー―ー
/:::::::::::::_::_:>.、   '         //,.イ  j
;::::,::::'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   ,rー- 、 _ ,.  '  | ,'
;::_:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::\/             | /
´:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ             j/
;::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:i

三千院ナギ
登場作品 <ハヤテのごとく!>
総登場数(16)
関わりの深い人物:空条承太郎、綾崎ハヤテ、武藤カズキ、パピヨン
            加藤鳴海、愚地独歩、泉こなた、エレオノール
関わりの深い支給品:スパイスガールのDISC、核鉄(エンゼル御前)、生命の水

「闇の中で」で初登場。参戦時期は原作6巻終了後。
生身で軽く人を殺せる奴らの集う漫画ロワのキャラ紹介で、最弱キャラ認定をされる屈指の弱キャラ。
一応参戦時期的にハヤテとのマラソン特訓後なんで、キャラ紹介の文章よりかは体力あるだろうが
それでもナギより弱そうなキャラが居るとしたら、盲目の市川くらいなものだろう。
そんな彼女が最初に出会ったのは、歴代最強ジョジョとして名高い空条承太郎。

二人とも逆方向に高校生には、見えないのですが一応両方高校生。その身長差実に57cm、30cm定規約二個分である。
承太郎の学ランの端を掴んで、暗闇に怯える姿はまるで小動物! 最弱キャラは伊達じゃない。
そんな彼女も機械工学の知識を承太郎に披露し、首輪解除役の期待を掛けられる。
頼れる男と一緒に道中が進むを彼女だが、次に出会うのは蝶人パピヨン。
核鉄を見て襲いかかって来るが、承太郎の活躍もありエンゼル御前の核鉄を奪われるだけですむ。
パピヨンを見て素直に変態と言ってしまうとは、こなたと趣味は似ていても感性は違うようだ。
つまりナギとこなたの二人は、カップリング議論とかしだすって事でしょうか?


続いて出会うのは何と、彼女が探していた想い人ハヤテ本人とカズキ。
勘違いしたハヤテが承太郎にタックルをかましたり、カズキがホモ認定されたりしたけど無事合流。
釘宮キャラとは思えぬ幸運に驚きを隠せない。そしてハヤテに説教を始めるナギお嬢様。
「で、お前はなぜ女装をしているのだ? お前も放送は聴いただろ。我々の知り合いは全員無事なものの
 あれだけ多くの人間が……その、亡くなっておるのだ。女装なぞしていたら怪しまれるにきまっているだろうが!」
もっと言ってあげてください。その事にハヤテがもっと早く気付いていれば、あんな事にはならなかったのに……。

四人は、こなたとパピヨンが待機している喫茶店へ行くことになるが
ここでナギお嬢様は動きたくない駄々こねだしたので、ホモ認定されたカズキと二人で待つことになる。
駅を探索している二人が見つけたのは、R18指定くらいそうなスプラッタなジャギの死体。

その場から逃げ去れば良かったのかもしれないが、運悪くそのジャギを殺害した当人であるフェイスレスが襲来してくる。
フェイスレスは「三解」というチートくさい特殊能力と、基本的にからくり勢の専用の強力装備、懸糸傀儡ジャック・オー・ランターンを持ち
さらにはカズキと深い因縁のあるマーダー四天王に匹敵する強マーダー、と言っても過言ではないだろう。

カズキとフェイスレスは激戦を繰り広げるが、ナギの前では殺す覚悟で戦えないカズキは胸を切り裂かれ倒れ伏せる。
残されたナギはスパイスガールと列車を利用し、ジャック・オー・ランターンを破壊するなど善戦するが
フェイスレスから見れば、ナギなど猫を前にした鼠どころか、虎か獅子を前にした鼠くらいの力の差がある。
本気を出したフェイスレスに右腕を指から、手首、肘、肩と分解されて絶体絶命。
ハヤテと結ばれて漫画を一兆部売る、そんな少女の夢はここで儚く潰えてしまうところだった。

しかし倒れ伏せたカズキの胸に宿る信念と核鉄は、まだ砕けてはいなかった。
ナギの声援を受け『大事なものを死守せんとする強い決意』を貫き通したカズキの槍は、フェイスレスを打ち破る。
勝利に喜び、カズキに駆け寄ったナギは気が付いてしまう。カズキは自分をそして斗貴子を守るために命を燃やし尽くした事に。

自分がでしゃばらなければ、自分が動きたくないなどと我侭を言わなければ……。
そんな後悔に打ちひしがれ涙を流し、うずくまるナギ。
そこへ主のピンチを察したかの様にハヤテと承太郎が戻ってくる。
分解されたナギの右腕を、強引にスタープラチナで治そうとする承太郎とハヤテが口論を始めるが
もう足手まといになりたくないナギは、荒療治を受け入れ苦痛に気絶しながらも承太郎に治してもらう
あの承太郎をして『強く』なってやがると言わしめる成長を見せる。
やっぱり原作もそうですが、ナギは徐々に成長してますね。体以外は。

第二回放送を挟み、承太郎がフェイスレスの首輪を回収した後、ナギ、ハヤテ、承太郎の三人は喫茶店へと戻る。
誰か喫茶店組が帰ってくれば良かったんですが、核鉄装備した刃牙がやってきて承太郎との激しい殴り合いが始まる。
刃牙が襲来する原因が、合流しようとしていた喫茶店組とは何とも皮肉な話だ。
いや他の喫茶店組それはそれで、いろいろ苦労してたんですがね。

ナギはスタープラチナ+スパイシーガールのダブルラッシュなど、承太郎との見事コンビネーションを見せるが
承太郎はピーキーガリバーの一撃から、ナギを庇い一時戦線離脱。
肉の芽で鬼畜化した刃牙は、似た制服を着ていたピンク髪の女が死んだと言葉攻めをしたり
殴る蹴るの暴行を加えやりたい放題。皆さん想像してください。刃牙が身長138cmの少女をフルボッコにする姿を。
いじめってレベルじゃねーぞ。
後何気に、この時ハヤテがいるのに「ハヤテは私の恋人だ」って言ってましたね。
原作の誤解フラグがこんな所で爆発するとは。ハヤテから特にリアクションが無かったのが残念ですが。

このまま行くと、悲惨な虐殺劇が繰り広げられるところだったが
どこぞの空気執事と違って頼れる男承太郎は、吹っ飛ばされただけではリタイアすることはない。
復帰した承太郎は刃牙を圧倒していく。何故か? そのたった一つにシンプルな答えは刃牙は承太郎を怒らせた。ただそれだけである。
怒りに燃える承太郎だがDIOの名を聞き、刃牙の肉の芽を確認するとそれを摘み取りにいく。
時を止めた一瞬の攻防で刃牙の肉の芽を取り除くが、その代償として承太郎は致命傷を受ける。

承太郎は死の直前まで、ナギの身を案じながら最後の言葉を残す。
「もう泣かず、なさけない顔で後悔などせず、誇りと自信を持って強くなれ」と。
ロワで最初に出会った黄金の精神を持つ男の最後の言葉。きっとこの言葉はナギの胸に深く刻まれたことだろう。

承太郎が熱い遺言を残している頃、ハヤテは刃牙を撲殺してそのままどこかへ行ってしまう。
頼りになる人間が二人も同時にいなくなり、ナギは再び一人取り残される。

前回上回る喪失感に一人呆然と歩いているナギが、次に出会うのは鳴海&独歩のセクシーな格闘家二人。
何故か熱血主人公とやたら縁がありますね。ハヤテ本人が熱血化したからでしょうか。
一人ぼっちから脱出し、一安心だったのも束の間。第三回放送が始まる。
第三回放送では彼ら三人と縁深いマリア、承太郎、刃牙、勝などの名前が呼ばれ
幼い頃からまるで姉のように慕ってきたマリアを失ったナギ。
そしてナギだけでなく、鳴海も自分の力が足りずに勝を死なせ、バキに核鉄を渡したせいで承太郎が死んだが故に、落ち込んでいた。
そんな二人を励ますのは、サービスシーン担当我らが独歩ちゃん。
この時の独歩は渋い、渋すぎるカッコ良さ。やはり年の功は伊達じゃない。
二人に励まされてナギは、とびっきりの希望に満ち溢れた笑顔。“いい笑顔”をしながら二人に感謝する。
三人は決意を新たに、互いを名前で呼び合う仲間として、黒王号に乗って喫茶店へと戻る。


ちなみにその頃、直接面識のないどっかの誰かに疫病神認定されてました。


再び喫茶店で待っていると、そこにこなたwithエンゼル御前がやってくる。
こなたから話を聞き、四人はDIO様を倒すべく移動する。
ストリップ劇場前にたどり着いた四人だが、こなたがシェリスに人質に取られてピンチ。

だがこなたの叫びに応え、蝶人パピヨンここに推参。シェリスを一蹴する。
DIO様と対峙していた鳴海も、仲間を守るために全力で撃破。
しかし命を使い果たした鳴海は、ナギ達の見守る前で後を託し崩れ落ちていく。

こなたが如何に貧乳がステータスのなのかを力説したりと
オタ少女二人のほのぼのとした会話をした後、パピヨンは勝の首輪を回収しに離脱。
ナギ、独歩、こなたの三人は、黒王号に乗って喫茶店から南下する。

道中鳴海に託されたエレオノールそして、彼女と組んでいるジグマールのマーダーコンビと遭遇。
人数は3対2だがナギとこなたの二人では、さして戦力として活躍することは出来ない。
独歩が機転を利かせて少女二人は黒王号に乗り、独歩を残し戦線離脱。
助けを求める二人は、世紀末の世に救世主として知られたケンシロウと出会う。
そこにアカギも現れ、四人で情報交換をした後、ケンシロウは独歩を救出しに行き。
アカギはナギとこなたを連れて、学校へ行くことになるはずが、ナギは自分も独歩達の元へ行くと頑として譲らない。

何故なら殺し合いに乗ったエレオノールを止める。
それは命の恩人である鳴海が、それだけは譲れないとナギに語ったの大切な事だから。
鳴海の決意の言葉を受け継いだナギを、止める事はケンシロウやアカギにも出来なかった。
こうしてナギは、ケンシロウと二人で戦場へと舞い戻る。

戻った戦場で独歩は、人質に取られケンシロウも動きが取れない。
このままでは黒王号をはじめとした装備を、奪われるところだったが
しかしナギが鳴海の名前を出すと、エレオノールに動揺が走る。
鳴海やエレオノールについて、話をしようと言うナギ。
エレオノールは話しをしたければ、二人きりで話せと持ちかける。

シェイクスピア曰く「この世は舞台なり、誰もがそこでは一役演じなくてはならぬ」
ナギは命をかけてエレオノール説得するため、エレオノールと二人きりの舞台へ上がる。
こうしてサンデー屈指の萌え漫画のヒロインとサンデー屈指の燃え漫画のヒロインが言葉や刃を交わし始める。
ナギはエレオノールを相手に、核鉄とスタンドの両方を駆使し懸命に戦いを進めていく。
だがそんな装備をもってしても、漫画ロワ最弱キャラ認定されるような少女と
しろがねとして約90年間戦ってきた、エレオノールとでは力が違いすぎる。
やはり勝てるはずもなくナギは力尽きて倒れる。
やっぱり所詮ナギには無理だったのか。

だがしかし「人を殺し回れば鳴海が喜んで笑顔を見せてくれる」
エレオノールの口からそんな言葉出てくると、ナギは再び立ち上がる。
鳴海はそんな事を望むわけがない。それを伝えるためにナギは手にした生命の水を一気に飲み干す。
トレードマークの金髪ツインテールを銀髪ツインテールへと変え。
体を切り裂かれて鮮血を散らしながらも戦い続け、鳴海とそしてエレオノールの為に言葉を発し続ける。
「エレオノールは人形なんかじゃない、この世でたった一人の人間なんだ」と。
こんなナギを、最弱キャラだとか疫病神などと呼ぶことが出来るのだろうか? 少なくとも筆者には出来ない。

ナギは戦い続け全力を尽くし、その言葉はエレオノールに深く突き刺さったが、
スタンドを発現することすら出来ないほどに消耗し、ついに聖ジョルジュの剣で体を両断される。
死が迫り体にひびが走っていく中ナギは今まで出会った仲間達、そして姉の様な存在だったマリア、ヒナギク
そして最愛の人であるハヤテへ想いをはせる。
ハヤテと過ごした大切な思い出を思い出す度に、ナギは涙を零す。
生まれ変わっても、また私の執事をやってくれないか
そんなささやかな願いを心の中で呟いて、満足気なきっと“いい笑顔“しながら、ナギの舞台の幕は閉じた。

ハヤテ死亡話とナギ死亡話が連続して投下され。二人とも登場話数が16話とはこの主従には運命的なものが感じられる。
原作や死者スレで二人でずっと仲良く過ごしていて欲しいものだ。


称号 <こころは成長期>