坂田銀時


身長177cm、体重65kg。10月10日生まれの20代。
宇宙から来た天人と呼ばれる人々に支配されている江戸で万屋(いわゆるなんでも屋)を開いている銀色の天然パーマの侍。
普段はやる気のなさそうに気だるい印象を見せているが
いざとなったら八面六臂の活躍を見せるニクイ奴。
好きな食べ物は甘いもの。特にチョコパフェ。定期的にとらないとイライラするが、糖尿病のケがあるため、医者に一週間に一回しか食べないようにと止められている。
真剣と渡り合えることのできる木刀が武器。

かつて天人を排斥するため、桂小太郎と共に攘夷戦争に出たことがある。そこでの活躍ぶりは凄まじく
銀色の髪が真っ赤な血が染まる様を、「白夜叉」と称され味方からも恐れられたという。


口調:一人称:「俺」、二人称「お前」、新八、神楽のことはそのまま名前で呼び、
   桂小太郎のことは「ヅラ」と呼ぶ。


アニメ版の中の人は杉田智和。