闇の中で ◆ozOtJW9BFA


闇が周囲を支配していた。
太陽の沈みきった夜の闇が、星明りも届かない工業団地の奥に溜まった闇が、空条承太郎を包み込む。

(……ジョセフ・ジョースターに………DIOだと!? )
承太郎は名簿に有った、宿敵の名前に驚く。
承太郎の居る位置は頭上の巨大なパイプが影を落としていて、人間の肉眼では名簿を広げても暗さの為に読む事は出来ない。
だが承太郎には機械でも解析出来ない闇の中から、ハエを見付ける事が出来るもう一つの双眸―――スタンドを持っていた。
(俺が居てじじいとDIOの名前が有る上、殺し合いの開始を告げられた場所では自分以外にジョースターが近くに居たのを感じた。
 偶然居合わせた同姓同名の別人って訳じゃなさそーだな。………しかしこの『DIO』、こいつは完全に消滅させた筈だ! )
ジョースター家と、一世紀にわたる因縁を持つ吸血鬼DIOを
承太郎とジョセフは仲間と共にエジプトでの激闘の末に倒し、その体は全て太陽の光で灰にした。
(……………蘇ったっていうんなら仕方ない、何度でもブチのめしてやる。俺の『スタープラチナ』でな)

承太郎は見終わった名簿をデイバックを仕舞い、地図とコンパスをとりだす。
(それとじじいも捜しだしてやらねーとな、スタンド使いだし波紋とやらも覚えちゃいるが
 じじいのスタンドは戦闘向きとは言い難い、一人で居ると危険だ)
自分の現在位置を確認し、それらもデイバックを仕舞う。
(そしてこの下らない殺し合いに、俺やじじいを巻き込んでくれた『主催者』)
デイバックの中の荷物を全て確認し、二枚の紙を取り出した。
(てめーらは自身の為だけに弱者を利用しふみつける、はき気のする『悪』だ!!)
見せしめと称して殺された少女を思い出し、込み上げる怒りを抑えながら
折りたたまれた紙を開き、中から出てきた手帳位の大きさの機械を持つ。
(こんな大掛かりな真似をする連中相手に、警察も法の裁きも期待出来ねぇ……だから)
説明書の指示通りに、機械を起動させる。
(俺が裁く!)

承太郎は支給品の首輪探知機を見ながら、近くの参加者を捜し歩いていた。
(なるほど、ディスプレイに映る光点で近くにある首輪の位置が分かるのか……)
探知機を見て歩きながらも、思考は殺し合いからの脱出方法にいく。
(少なくとも俺とじじいの両方が生き残る為には、首輪を外さなきゃならねぇ。
 だが弾丸つかむほど素早く精密な動きが出来て、時も止められる俺の『スタープラチナ』でも
 どんな構造をしてるかも分からない首輪を、無事に解除出来る可能性は低いだろう。
 俺自身は機械に詳しい訳じゃないし、そもそも自分の知る様な科学技術で出来ているとも限らねぇ……ん?)
探知機が自分以外の反応を拾い、思考を切り替え足を止める。
(この中に誰か居るって事か……)
承太郎の視線の先にあるのは、小さな工場。

◇ ◆ ◇

闇が周囲を支配していた。
太陽の沈みきった夜の闇が、星明りも届かない工場の奥に溜まった闇が、三千院ナギを包み込む。

「な…なんなんだこれは?」
ナギは混乱する頭で、自分が置かれている状況を分析し始めた。
自室で『練馬沈没』を観ていたナギは、突如闇に引きずり込まれ人が大勢居る空間に投げ出された。
そして老人に殺し合いをさせると言われ、見知らぬ少女の首が爆発し
呆然としている内に、いつの間にかこの闇の中に居る。
ナギの出した分析結果は、自分が強制的に殺し合いに参加させられ
そしてそれはもう始まっている、というもの。
 「…………ま…!!まぁたまにはこんな夜明けの炎○王みたいな急展開もある!!なぁに問題ない。かえって免疫力がつく!!」
ナギがどれ程目を凝らしても、そこには闇しか見えない。彼女を幼い頃から恐れさせていた闇。
パキッ
「………!?」
何処かから聞こえてこる微かなラップ音に、全身を震わせる。
誘拐されたり、命を狙われたりには慣れている筈のナギだが
いつもそばに居る執事もメイドもSPも居ない為か、目の前で人が死んだ為かかつてない不安がナギを支配していた。
「ハ…ハヤテ~~」
恐怖に震える足で何とか体を支え、執事であり想い人でもある者の名を呼ぶ。
「ハヤテ~、ど…どこなのだ~?」
フラフラと歩いていると、手が冷たい金属の感触に当たる。
闇に慣れた目で周囲を見ると、自分がベルトコンベアに挟まれている事が分かった。
(こんな暗い所を迂闊に動き回ったら危険だ。……だがこんな暗い所で一人で居ると死んでしまう!)

ゴゴゴゴ
「うひゃぁ!!?」
不意に前方から低い轟音が鳴り、ナギは身を竦める。
ゴゴゴゴゴゴゴゴ
前方にあった、鉄の扉が開いていく。
(だ!誰か居る!!)
轟音が止まり外から入る微かな光によって、入ってきた者の姿を見る事が出来た。
190cm以上の身長にがっしりした体格の青年、前の開いた学ランからは大きな鎖がぶら下がっている。
男はナギが怯えているのも構わずに、話しかけてきた。
「おめーに聞きたい事があるんだが……」
(…い、いかんじっとしている場合じゃないぞ…早く逃げないと!)
ナギは男の横を通り抜けて、外へ出ようと駆け出した。
「うわぁっ!?」
そしてつまずいて、ベルトコンベアの角に頭から突っ込んでいく。
「……あ、あれ?」
次の瞬間には、ベルトコンベアの上に座っていた。
「やれやれ、足下もおぼつかねー位なら、慌てて逃げようとしてんじゃあねーぜ」

◇ ◆ ◇

「俺はおめーに聞きたい事があるだけだ。ほら、おめーのデイバックだ、返すぜ」
承太郎の目の前で座っている、髪を二つに結んだ12,3歳位の少女にデイバックを投げ渡す。
(やれやれどんな化け物が居るかと思ってみたら、震えるガキいたとはな……)
幾多の修羅場を潜って来た承太郎の勘が、目の前の少女が本当に成す術無く怯えているだけだと見抜いた。
「…あ……あの」
「DIOというイギリス人の男か、ジョセフ・ジョースターって名前のじじいを見なかったか?」
「………み、見てない」
「そうか、邪魔したな」
承太郎は工場を出て、後ろ手に鉄の扉を閉めようとしていた。
「……は!ちょ、ちょっと待て!!」
少女は慌てて閉まりかけた鉄の扉から、飛び出してくる。
「わ…私を一人あんな暗い所に置いて、行っちゃうつもりだったのか!?」
「ああ、暗いと承知で隠れてるんだと思ってな。
 おめーがどうしようと知ったことじゃねーが、死にたくなければ人目につかない所で隠れていた方がいいぜ」
「……お、お前だけ質問して終わりでは失礼だと思わんのか!」
「何か俺に聞きたい事でもあるのか?」
「お前、人を捜しているのだろ?……だったら…その、私も一緒に……」
「断る」
「ま!まだ何も言ってないではないか!!」
「いいか、俺はお前の言う通り人を捜してる。つまりそれだけ危ない橋を渡ってるって事だ。
 それに俺は参加者の一人に命を狙われてる、おめーみたいに自分で勝手にこけるようなガキが付いて来たら
 命が幾つあっても足りねーんだ。もう一度だけ言うぜ、死にたくなかったら俺に付いて来るな」
承太郎はそれだけ言うと、少女に背を向け歩き出した。

「人を捜すとすれば、この近くの駅から捜した方がいいと思うぞ」
「……」
「べ…別に私が電車に乗りたいから、言っている訳じゃないぞ!」
「………」 
「まぁ、駅に行ったついでに乗ってみてもいいかもな……」
「俺は付いて来るなと、言った筈だぜ」
先程から後ろで喋っている少女に、承太郎は向き直る。
「付いていってなど居ない。お前が偶然前を歩いていたんだろ」
「ほう、さっきからくっちゃべってたのは独り言だった訳か。ならなんで俺の学ランの、端を掴んでるんだ?」
「こ、これは暗いからこうしてないと、お前を見失ってしまいそうで……」
「付いて来てんじゃねーか」
承太郎は帽子のつばを下げて、ため息をつく。
(やれやれ、DIOの野郎が居なかったらこいつを連れて歩いてもいいんだが
 あいつは自分で動くかはともかく、確実に俺とじじいを狙ってくる。巻き込む訳にはいかねーからな)
「……こうしよう、俺は用事が済んだら必ずおめーを迎えに行く。だからおめーはあの工場で待ってろ。
 支給品のランタンを使えば、暗くて何も分からねーって事は無いだろ?」
「それでも………あんな暗い所に、一人で居たら死んでしまう……」
ナギは目尻の涙を溜めて、しゃくりをあげていた。
「別に私を守ってくれとも、ずっと一緒にいろとも言わん。私には既に……ハヤテが居るからな。
 ただ明るい所に出るか、日が昇るまで共に行動してくれればいい……」
「…………OK。しばらくおめーと一緒に行動しよう。
 俺の名前は空条承太郎だ、JOJOと呼んでくれればいい。おめーの名前は?」
「私の名前は三千院ナギ。だからナギと呼べ」


工業団地の暗がりの中を、承太郎とナギは並んで歩く。
承太郎は自分に支給されたランタンに火を点けたが、それでもナギは承太郎の学ランから手をはなそうとはしなかった。
「ところでJOJOは、何で私が工場の中に居るのがわかったんだ?」
「ああ、こいつを使ってな……」
承太郎は首輪探知機を見せる。
「俺の支給品だ。近くに誰か居るとこのディスプレイに表示される」
「首輪の発信機の反応を、拾う機械だな」
「……何でおめーが、そんな事を知ってるんだ?」
「推測だ。人間を探知するのに何らかの生体反応を頼るのでは、それが何であれ周囲の環境によるノイズが多すぎる。
 ならば発信機を仕込んでいる可能性が最も高い。
 しかし発信機を常に身に付けている状態にしておく為には、体内に埋め込むか首輪に仕込む位しか方法は無い。
 当然後者の方が、リスクが少ないだろ?」
「……」
ナギの話を聞いて、承太郎は首輪に関する自分の考察を思い出す。
「更に推測を進めるなら、首輪探知機を支給品にする為に発信機を仕込んだのではなく
 首輪の発信機に合わせて、探知機を用意したと考えた方が自然だな」
「つまり主催者側も、その発信機でこちらの位置を監視してるって訳か。なるほど、悪くねー推測だな。
 ……俺からも訊くがナギ、おめーはもしかして機械に詳しいのか?」
「うむ。これでも私は小さい頃から機械工学の教育は、それなりに受けてきたのだ」
それを聞いた承太郎は、首輪解除の計画を思い付く。
(さっきは『スタープラチナ』でも首輪は外せないと考えたが、解除方法が分かれば話は別だ。
 じじいの『ハーミットパープル』なら、解体しなくても首輪の内部構造を見る事が出来る。
 それを基にこのナギが、解除方法を解析出来れば『スタープラチナ』の超精密な動きで解除すればいい。
 まあ、じじいと合流しない事には話が始まらないし、ナギの知識が首輪に通用するかも分からねーが
 試してみる価値は有りそーだな) 

だが承太郎は知らない、この殺し合いに参加しているジョセフ・ジョースターが
彼の知るジョセフ・ジョースターでは無いという事を。


【2-A 工業団地 一日目 深夜】
【空条承太郎@ジョジョの奇妙な冒険】
{状態}健康
{装備}無し
{道具}首輪探知機@BATTLE ROYALE、支給品一式、不明支給品1~2(本人は確認済)
{思考・状況}
基本:殺し合いからの脱出
1:ナギを守る。
2:ジョセフ・ジョースターと合流する。
3:首輪の解除方法を探す。
4:DIOを倒す。
5:主催者を倒す。
参戦時期:原作28巻終了後 

【2-A 工業団地 一日目 深夜】
【三千院ナギ@ハヤテのごとく】
{状態}健康 
{装備}無し
{道具}支給品一式、不明支給品1~3(本人未確認) 
{思考・状況}
基本:殺し合いはしない
1:しばらくは承太郎と行動する。
2:ハヤテ、マリア、ヒナギクと合流する。
参戦時期:原作6巻終了後


012:俺の名を 投下順 014:貴族、そしてチャイナ娘
012:俺の名を 時系列順 014:貴族、そしてチャイナ娘
初登場 空条承太郎 034:変態!!俺?
初登場 三千院ナギ 034:変態!!俺?