桂小太郎


身長175cm、体重56kg。6月26日生まれ、20代。
天人が支配する江戸を再び侍の世の中に戻そうと考えている攘夷志士の集団のリーダー。
坂田銀時とは攘夷戦争で一緒に戦った旧友。
ロングヘアーで、青と白を基調とした着物を着ている。
真面目な性格で日本の将来のことを憂いでいるが、その反面物凄い妄想癖があり、彼によって話が思わぬ方向に転がり込んでしまうこともしばしば。
逃げ足はとても速く、「逃げの小太郎」というあだ名がついている。
また、変装が得意だが、読者から見たらモロバレな姿で登場する。しかし、銀魂の住民には何故かほとんどばれないで終わることが多い。
苗字のせいで坂田銀時や神楽などにヅラ呼ばわりされるが、その時は大抵、
「ヅラじゃない。桂だ!」
と返している。

最初は坂田銀時を攘夷志士の仲間に引き込もうとしたり、天人のターミナルエリアに時限爆弾を仕掛けようとした過激派だったが、
話が進むに連れ穏健派となり、坂田銀時達に構ってもらいたいばかりにちょくちょく乱入してくることがある。
好物は蕎麦。エリザベスという、奇妙なペットを連れている。

【口調】一人称:「俺」、二人称「お前」、「お主」など


アニメ版の中の人は石田彰。