平賀才人


注)この紹介文は原作(小説)のバージョンです。

漫画のみ見ている方はネタバレ必須なのでお気付けください

ゼロの使い魔の主人公

年齢『十七歳』
身長『172cm』
好きな食べ物『テリヤキバーガー』
趣味『インターネット』
特技『アクションゲーム』
嫌いなもの『体育の先生』

性格的には元の世界の友人連から「ぬけている」とも評価であり、確かに原作本編でも多々ぬけているところが見て取れる。
しかし、義理や人情は人一倍あり、せめて自分に優しくしてくれた人は助けたいと六十年前にハルキゲニアに来たシエスタの爺さん(佐々木武雄さん、海軍少尉)が乗ってきたゼロ戦で巨大空中艦隊に単機で戦いを挑む。
また、ルイズを好きだといった言葉が嘘になるのはたまらないと言って、ルイズの代わりに七万の兵を相手にこれまた単騎で撤退戦の殿軍をやってのけてしまう。
しかも、その二つとも一応生きて帰ってくるので驚き、さすが武器であればどんな物でも自由自在に扱える」伝説の使い魔『ガンダールヴ』と言ったとこだろう。
ちなみに、これらの戦果をあげたため才人は騎士としての身分を手にいれ貴族となり、騎士隊の副隊長職に任命されることとなる。
マルコーが言うには平民から貴族になるのは人が神になるのと同じくらい難しいとの事、いや、七万を単騎で止めるのはもう人じゃねえよ・・・・・・・・・(苦笑)

ルイズとの関係はルイズに使い魔として召還され、原作最新刊までの間使い魔としてルイズのそばにいるが、最新刊ではもう恋人同士といって過言ではないニヤニヤな関係である。

キュルケとの関係は最初の方はアタックされまくっていたが、コルベールがキュルケの前で男を見せた時を境にただの友人関係となっている。

タバサとの関係はタバサに一度命を狙われて殺されかけているが、才人がタバサのその行為に対しても命を奪わなかったことにタバサは自分の所属するガリア王家に対して離反する事を決意する。
しかし、その行為は失敗に終わり、タバサは囚われの身となる。が、才人は自分の爵位を捨てタバサを救出に向かい、助け出すことに成功する。それからタバサはサイトのために杖を振るうことを決意したように原作からは読み取れる。

さて、パロロワでの才人は、ゼロの使い魔勢すべてにいえることなのだが、あまり憂き目を見ない。
これは話すと長いパロロワの闇の部分にあたるものなので、各自目の前の箱を使って調べてください、まあ、一言で言えばキャプテン効果と言うものなのかな?


アニメ版の中の人は 日野聡。