マリア


年齢:まりあさんじゅうななさい(真面目に答えると17歳)
誕生日:12月24日(正確な誕生日は不明)
血液型:O
家族構成:なし(本人も知らない)
身長:152cm
体重:42kg
好き・得意:
家事全般
ゲーム(TVゲームからチェス、ビリヤードまでなんでも)
苦手:台所にいる黒い生命体
以上コミックスのプロフィールより

【原作でのキャラ設定】
三千院家住み込みの美人メイドさん。
クリスマスイブの夜、とある教会のマリア像の前で拾われたことから
この名前がついた。

そして17歳の誕生日
彼女と同じ日に、彼女と同じように親に捨てられた
ハヤテと出会いをはたす。

幼くして両親を亡くしたナギにとっては母親でもあり姉であり、
ハヤテにとっては憧れの女性。
ヒナギクとも面識はあるようだが細かくは不明。

ナギの『ハヤテに愛の告白をされた』と言う勘違い(実際は身代金目的の
誘拐をしようとした)を知る唯一の人物であり、今は勘違いであるその想い
がいつか本物になる事を願っている。
そのためハヤテの事を男性として意識している描写はあるが、
ナギとハヤテの仲を応援する立場にいる。
【口調】
メイドさんだけあって穏やかな口調、敬語で話す。
一人称は「私」
二人称は「ハヤテ君」「ナギ」「ヒナギクさん」など。
その他は「あなた」
【身体能力】
【頭脳】
13歳で、作中のエリート高校白凰学院を卒業している。(入学ではなく卒業)
飛び級の学院記録を持っており、さらに在学中はずっと生徒会長を務めていたため成績優秀である。
また、13ヶ国語を話す事が出来、英語を読めないというハヤテに対して、「え? 読めないんですか」的な態度をとっていた。
【本名】
本人も名前は知らないとあるため、全くの不明である。捨てられた時期を考えれば、知らない以前に本名がない可能性もある。
ただし、戸籍取得のための便宜上の名前は存在している。無論、そちらは本人やナギなどは知っているのだろうが、
本編で明らかにされていないため、不明である。
【余談】
実年齢の割りには老けている事から、17と言う年齢は偽り
なのではないかと一部で囁かれている。
特に2chで彼女の実年齢を考察して消されたものは数知れn


アニメ版の中の人は田中理恵