「「ざわ……ざわ……」とかかれた紙」


服部平次に支給された。

「ざわ……ざわ……」とはアカギの作者福本伸行の作品に頻出する擬態語で、周囲のざわめきなどを表現するのに用いられる。
完全なハズレ支給品である。