キング・クリムゾンのDISC


鷲巣巌に支給された。

破壊力 A スピード A 射程距離 E 持続力 ?精密動作性 ? 成長性 ?

ジョジョの奇妙な冒険のラスボスの一人、ディアボロのスタンド能力。
この世の時間をブッ飛ばして、そのブッ飛ばされた時間を自分だけが動ける特殊能力を持つ。
『過程』を消して『結果』だけを残すとも言える。

時間をブッ飛ばすと言うのは、例えば自分がT字路に差し掛かったとしよう。
そこで左右どちらの道に行くか数秒迷い、そして最終的に右の道を選んだとする。
この時、もしあなたがT字路に差し掛かった時点でキング・クリムゾンが時間を数秒ブッ飛ばせば、あなたは気がついたら右に道を歩いているのだ。
そして数秒迷った『過程』はキング・クリムゾンの本体しか知覚できない。
そしてその『過程』に起こる事は本体には全て予知できるのだ。

つまり戦闘においても、敵の攻撃を言う『過程』をブッ飛ばせば、自分が攻撃をかわしたという『結果』を残せるのである。
また、この『ブッ飛ばす』には非常に線引きが曖昧であるので注意。
この『ブッ飛ばし』の最中は本体は攻撃できない(出来たとしても血をかけての目潰しといった間接的なもの)、
背後から打たれた銃弾はなぜか貫通する、などなどツッコミだしたらキリがないほど良くも悪くも原作では設定破綻している。
逆に言えば、あんまり深く考えなくてもいいかもしれない。

そしてエピタフ(墓碑銘)と言う時間がブッ飛ばされていない時でも未来を予知できる補助能力も付いており、予知された未来は変える事は出来ないが、それを自分に有利な形に変える事は出来る。
ただし、覚悟を決めてやってくる未来に予め対応する、のであり未来そのものを無かったことにすることは出来ない。

DIOのスタンド『ザ・ワールド』の存在を体感したポルナレフに『最強』と言わしめた反則スタンドで、本編でも主人公の理不尽インフレ(無敵化)と言うご都合主義で倒すしか無かった無敵のスタンド能力である。
そのため、今回は1~3秒しか時間を飛ばせないがそれでも強力なのに変わりは無い。