猫草


泉こなたに支給された。

ジョジョの奇妙な冒険第4部ダイヤモンドは砕けないに登場する元は猫だったが、今は猫なのか草なのかよく分からない謎の生物。

一体化タイプに分類されるスタンド、『ストレイ・キャット』を持つ。
ストレイ・キャットの能力は、自分の周囲の空気を操る能力。
空気弾として発射したり、自分の周りをゴム風船のように囲んでショックをやわらげる事も可能。
必殺技は空気の塊をぶつける空気弾。電話帳の貫く破壊力を持つ。
またこのスタンドは一般人にも見る事ができる。(ロワ内じゃ他のスタンドも見えるが)

ちなみに名付けたのは吉良吉影で、彼に餌付けられてはいるが躊躇無く空気弾を撃っているので懐いてはいない模様。
自我がある。タバコの匂いが駄目。キャットフードも食べる。玉を投げてやるとそっちに気をとられるなど、基本は猫と同じ。
他の猫と違うのは、日光にあたらないと植物のように大人しくなること。逆に日光にあたると活発になる。
自衛のために凶暴になりがちなので注意。

「猫草」
とある野良猫がスタンド能力を発動させる矢で貫かれスタンド能力を身に着けた。
しかし野良猫は不慮の事故でしばらく後に死んでしまう。心を痛めた当事者がその日中に野良猫を土に埋めたのだが
なんと野良猫は植物として生まれ変わり土から生えたのだ。
見た目はヒザ下ぐらいの大きさのでかいチューリップをイメージしてもらえればいい。花の部分が植物で出来た猫の顔になっている。
猫草を最初に発見したのは吉良吉影。その危険すぎる存在ゆえに自分の家で飼うことにしたのだが……