ハイエロファントグリーン(法皇の緑)のDISC


葉隠散に支給された。

ジョジョの奇妙な冒険第3部、スターダストクルセイダースの登場人物『花京院典明』のスタンド、『法王の緑』のDISC。
遠隔操作タイプに分類される。(これについては、スタンドの欄に詳しく)

光り輝く緑色をした人型のスタンド。承太郎に言わせれば「光ったメロン」
パワーは弱いが、構えた両手から宝石の形態をした『エメラルド・スプラッシュ』を飛ばす。
エメラルド・スプラッシュは1つでは貧弱だが、同時に複数個を発射することによりスタープラチナを吹っ飛ばす程の威力を出すことが出来る。
漫画ロワでは威力制限されていると思われるが、原作では普通に壁を破壊していたりもする。

射程距離は100m以上。(ただし他のスタンドと同じく、おそらくこれも制限されてると思われる)
体を紐状にし張りめぐらす事で、敵を探索、感知、攻撃する事が可能である。
また生物やスタンドの体内に侵入し、内部から攻撃を行ったり操ったりする事も出来る。
『スタンド』なので口の中からでも耳の中からでも侵入ルートは自由自在なので、「さぁお仕置きの時間だ」、と脅しにはもってこい
その状態からも命中率の高い、エメラルド・スプラッシュを撃てる。

紐状になった状態でも相手を感知し、即座に攻撃できることを応用した技に、クモの巣のようにに張りめぐらせた『法王の緑』に少しでも触れた相手に対し、膨大な数のエメラルド・スプラッシュを発射する、『法王の結界』がある
これを応用とし、敵の周囲半径20メートルにはった結界からの攻撃『半径20メートルエメラルドスプラッシュ』がある
これは、時を止めたDIOに破られたものの、彼以外にはかなりの脅威となるだろう。
ちなみに、法王の結界が破壊されてもなぜか本体にはダメージはいかないらしい。