空条承太郎の記憶DISC


劉鳳に支給された。

ジョジョの奇妙な冒険3部、スターダスト・クルセイダースの主人公空条承太郎の記憶DISC。
しかし、空条承太郎は6部にも登場しており、ディスクはそのとき(3巻)抜き取られたもの。

歴戦のスタンド使いである彼の記憶は対スタンド戦においてかなりの価値を誇るかもしれない。
そして、この承太郎のDISCは???にとっては非常に重要なアイテムである。
「彼」の野望には承太郎の記憶DISCの内容が必要不可欠なのである。
「彼」が漫画ロワに参戦している参加時期が既に野望達成後じゃないのならば、交渉アイテムに使える余地あり。
支給品として放置した時点で用済みともとれるが、彼が本当になし得たかった事を思い出させる説得の材料としてはいけそうだ。
また、この承太郎の記憶DISCは「承太郎が???のスタンドからDISCを取られる」という所まで記憶がある。
つまり誰かがこのDISCで記憶を閲覧すれば、スタンドDISCの存在とその能力者の存在について考察できるかも。

また、空条承太郎の記憶は当然『DIOの秘密のほぼ全て』を知っていると言っても過言ではない。
承太郎はSPW財団の情報収集力を生かしてDIOの隠し子の存在も突き止めているし、スタンドのルーツも調べつくしている。
あげくの果てには吉 良 が 殺 人 鬼 で す で に 死 ん で い る 事も勿論のこと。 
JOJOの原作で承太郎はチョイ役も含めると3、4、5、6部に出演しているので人によってはやや書き手泣かせか。

ただしDISCの存在とそのスタンド能力者(???)、キング・クリムゾン、スパイス・ガール、スティッキィ・フィンガース、
そしてオー・ロンサムミー!についてはおそらく承太郎も知らない可能性があるので注意。