オー・ロンサム・ミーのDISC@ジョジョの奇妙な冒険(スティール・ボール・ラン)


本来シエスタに支給される予定だったが、ガモン大佐の手によって綾崎ハヤテに渡されたという特殊な経緯を持つ支給品。
原作ではスティール・ボール・ラン・レースの参加者の一人であるカウボーイ、マウンテン・ティムのスタンド能力である。

ヴィジョンを持たないタイプのスタンド。
射程距離は原作で明らかにはなってないが、ロープが届く距離なら大丈夫のようだ。
能力は『ロープと一体化して、肉体をバラバラにした状態で自在に移動させる』というもの。
ロープ上に限り、肉体を自由に分解・再構成・そして操作することが可能なのである。
ロープ上に分解させた体も自在に操作可能。ロープで遠くまで移動させた手で、相手を掴むこともできる。
また、自分自身の肉体だけでなく、他人への能力行使も可能。
原作では手のひらを移動させて本来届かない距離で物体を操作したり、ロープを引っかけることで移動手段として用いていた他、
体をあえて細かく分解して爆発の衝撃を緩和したり、排気口の狭い隙間から人ひとりを救出したり、多彩な応用を見せた。
また、スタンド能力を発動中はロープから水分を吸い取ることも可能のようだ。
(マウンテンティムは若いころ砂漠で死にかけていたときスタンドに目覚めロープについた夜露を吸い取り生き延びた)

欠点は、スタンド能力自体が一切の攻撃力を持たないこと。
そのため、戦闘で用いるには他の武器との併用が必須である(マウンテン・ティムは拳銃を使っていた)。
そしてマウンテンティムは元々ロープを自在に操る達人であり、「ロンサム・ミー」の能力とロープを扱う技術はあくまでも別個によること。
「ロンサム・ミー」の能力が使えても、ロープ使いの達人になるわけではないので注意。

ちなみにいわゆる『ロープ』以外のひも状の物体に対して能力を使えるのかは原作では言及されていないため不明。
少なくとも本ロワでは、能力発動は『可能』とみなすのが妥当と思われる。
現に、このスタンドの登場話でハヤテは自分のタイを使って体を分解している。

余談だが、このスタンドの名称は正しくは『オー! ロンサム・ミー』。エクスクラメーション・マークがポイントである。
スタンド名の由来はドン・ギブソンの同名曲。
ロンサムとは『寂しい』の意で、スタンドを日本語に訳せば『ああ! 私は孤独だ』となる。
登場話を考えると、結構な皮肉だ。
「ベッドの上で死ぬなんて期待してなかったさ、俺はカウボーイだからな」と雨にうたれながら語る彼の姿は名シーン一つ。

マウンテンティムはプレイボーイ(というかレディファースト)であり、
アメリカはワイオミングのカウボーイでルックスもイケメンだ。