イングラムM10サブマシンガン


高良みゆきに支給された。
アメリカが開発した軍用の機関銃である。
無骨な外見とコンパクトさ、そして頑丈で量産が容易な構造が特徴。
また弾丸の発射サイクルも非常に速い。
しかしその発射速度と本体のコンパクトさが災いして反動を殺しきれず、命中精度が低めなのが欠点(どのみち弾をばら撒くなら同じではあるが)。

全長:269mm(ストック展開時548mm)
重量:2.84kg
装弾数:32発(パラベラム弾使用時)
有効射程:25m

ちなみに原作では桐山和雄が使用し、「ぱらららら」という銃声と共に他の参加者を殺害する様は読者に絶大なインパクトを与えた。
そのため、ことバトルロワイアルにおいては「イングラム=桐山」という印象を持っている人も多い。