ゾナハ病@からくりサーカス


白金(フェイスレス)がばら撒いた病気であり、加藤鳴海もこの病に罹った事がある。
治療する方法はアクア・ウィタエを飲むか、アクア・ウィタエを飲んだしろがね達の血液を飲むか、あるいは エレオノールに歌を歌わせる かのいずれかである。
この病気に罹ったものは、他人を笑わせない限り呼吸困難によって激しい痛みを感じる。
目の前で他者が笑ってくれると、苦しみから解放される。呼吸困難により、直接的な死にいたる事はないが、一部のものは病気により免疫機能を低下させて死に至る事がある。
ただし、ルシール(しろがねの一人)によれば、死ねる事はゾナハ病の中ではマシな部類であり、本当に不幸なのは死ねない事にあるという。
この病気は三段階に分けて症状が進行し、
第一段階:他者を笑わせなければ呼吸困難に陥るが、それ以外では日常生活に支障は無い。
第二段階:免疫力が低下し、さまざまな合併症を引き起こす。死亡要因はこの段階がほとんど。
第三段階:体温が一定化、全身が硬直、半永久的に呼吸困難状態となり、死ねなくなる。第二段階で死に損ねた者が迎える生き地獄。
となる。
第三段階では、体が動かなくなり全身の感覚もなくなるため、ベッドすら不要の状態で寝かしつけられる事になる。
ただし、死ねないので寝かされたまま、苦しみを味わい長時間行き続けることになる。
これもルシール曰く、運がよければ死ねるらしいのだが、確率がどの程度なのかは不明だ。

病原菌は自動人形「アポリオン」であり、作成者は白金。つまり、人工的に作られた病気である。
白金がこの病気を作り出した目的は、白金作フランシーヌ人形を笑わせるためである。
クローグ村の人間をこの病気にすることで、白金はフランシーヌ人形に笑顔を与えようとした。
しかし、実際にフランシーヌ人形が白金の前で笑う事はなく、笑わない人形に疲れた白金はフランシーヌ人形の元を去ることになった。