※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



  何気ない日常の中に、現実の裏と言うものがある。
  世の中は、そんなもので埋め尽くされている。
  素っ気無い行動、目立たない人物、それぞれに色々な
  裏があるのかもしれない。
  そう、世の中は、表と裏があってはじめて
  成り立つものなのだ。

  「オイ、明日遅れてくんなよww。遅れたら承知しないからな!」  
  明日は待ちに待った修学旅行。学校行事の中ではもっとも壮大で
  楽しみな行事、これで楽しい思い出を作る予定だった
  学校の放課後、そんな思いに期待をはせながら
  小躍り混じって、友達と帰ろうとしていた。

  丹渡森幸は、調子よさそうに話し、工藤祐司の肩を叩く。
  周りで、宮澤勇、瀧谷俊、瀬川大も笑いながら話しに入る

  俊「早いもんだなぁ、中学生活ってのは。」
  勇「そうですよね、やっぱり、3年は短いものです。」
  森幸「とりあえず、明日また会おうぜww。遅れるなよ!。」
  勇「分かってるから。」
  俊「りょうかーい。」
  祐司「んじゃ、明日。」
  (森幸)
  みんな楽しそうだ、やっぱり、修学旅行ってのはすごいなww
  明日からは、最高の3日間になりそうだ。
  全員同じ班だしな
  (俊)
  あぁ、楽しみだぁ!早く帰って早く寝よう。
  (この5人は仲のいいグループ)  
  そして、5人が一緒に帰って行く。

  僕らは、いや、全員が、修学旅行で、最高の思い出を作る予定だった。
  そう、この時までは・・・皆、そう思っていた。

  ガヤガヤとしていた教室も、また一人、一人と抜けて、伊舞 友誼のみが
  残る。
  伊舞は、不吉な笑みを浮かべて、誰もいない夕方の教室を後にした。
  いつもは、普通の好青年なはずなのに、一体何を考えているのか
  それは、好青年という仮面の裏に隠された真実
  裏というものだったのだ。

  ☆できればコメントお願いします。

  • 俊のセリフがあいすぎてる! -- (森幸) 2009-10-06 21:20:44
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る