※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第17話 覇翔 語り 森神俊命 須藤大紀 次回 第18話 決死

1日目午後5時半。

大紀は戦い終わった渋谷からチェーンソーを引き抜くと同時に
血が噴出す渋谷の心臓が丸見えになる。

大紀「森神、オマエが復讐といってるのは
   あのことだろ?・・・あのこと?」

しばしの沈黙が流れるが
すぐ、大紀が頭を抱えうずくまる
大紀「あの事・・・何故だ?何故、名前しか思い出せない
   何かあったのは覚えている。でも、何が?何があったんだよぉ!!
   どうして思い出せないんだよぉ!」
森神「そうか・・・君は覚えていないんだよね
   なら、教えてあげるよ。
   君は
   失・敗・作
   なんだよ、そしてボクの復讐を知ってる人がいるかと思ったけど
   最後まで思い出せないんならしょうがない
   そして復讐として教えて上げたんだよ
   君が失敗作ということを」

大紀「し・・・失敗・・・失敗作
   俺が?失敗作
   失敗の復讐?_____どういうこと
   う、なんだよ、お前、俺のことを
   俺の事をぉ俺のことをオォ!!失敗作というなぁ!!!!!!!!!!!」
大紀は起き上がり、チェーンソーを振り上げる。

森神「そう、それが君に隠された事実
   僕の求めているもの!怒りなんだ
   僕には怒りという感情がない。その感情があることが
   失敗作なんだ、でも僕はそれが欲しかった。」
大紀「なにが怒りだ、感情だ
   そんな欲求・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

チェーンソーを振り下ろす大紀
日本刀を拾い応戦する森神。

森神「思い出したよ、ここで死んでは困るってこと
   まだ、ここでは死んではいけない。
   きみも、そして僕もね」
軽く微笑み、直後
刀とチェーンソーがぶつかり合い、はじき返す森神。

そして走り出した。

その場に留まる大紀。
そして何かを思い出したように笑い出す。

大紀「ハハハハハハハ、思い出したよ
   少しだがなwwあとから思い出すだろ」

残り 変更無し

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る