経緯説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビラの表現の一部訂正につきまして

毎日新聞社が運営する毎日.jpの英語版waiwaiコーナーから発信された情報は、
日本の一流新聞社から発信されているという信頼感を背景に、海外のフォーラ
ム・ブログ・口コミ等を通じ、二次的・三次的に世界中に拡散していることが
確認されています。
また、二次・三次情報の中には、毎日新聞社が発信した情報(以下、一次情報と
呼ぶ)の中にはない情報が勝手に付加されているものも多く見受けられます。

情報の拡散例の一つを図解します。
waiwaiの記事(一次情報)
↓ ↓ ↓ 
fark.com(*1)がフォーラムのトピックを作成 (二次情報)
(*1:世界のB級ニュースを紹介する有名サイト)

このたび、ビラで使われているキャッチフレーズに、二次情報であるfark.comの
トピック見出しを翻訳したものがいくつか紛れ込んでいることが分かりました。
その中には、waiwaiの記事(一次情報)中にはまったく記載のないもの、つまり
fark.comがwaiwaiの記事を受けて、より扇情的に表現した文章も存在しました。

以下に、紛れ込んでいた二次情報、および、対応する一次情報を示します。

×「日本の女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる」二次情報
○「若い女性はノーブラ・ノーパンを楽しむ」一次情報

×「日本のティーンたちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする」二次情報
○「日本のティーンたちは、セックスに積極的である」一次情報

×「老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある」二次情報
○「中学生の女の子が、わずかな金欲しさに売春している」一次情報

×「日本人は 食事の前にその材料となる動物と獣姦する」二次情報
○「日本には、食事の前にその材料となる動物と獣姦するレストランがある」一次情報

×「日本の最新の流行 : 70歳の売春婦」二次情報
○「日本には70歳前後の売春婦がいる」一次情報


情報を発信する際、一次情報と、二次・三次情報は明確に区別する必要があります。
このたびビラ作成のガイドラインをまとめましたので、
ビラを作成・配布される方々はぜひ御覧ください。


そもそも一次情報がなければ二次情報は発生しません。
一次情報発信者である毎日新聞社が、二次情報の発生を誘発し、
間接的に二次情報の発信に寄与したのは疑いようのない事実です。
しかし、毎日新聞社が二次情報の内容までをも直接発信したかのような
表現は不適切でした。
ご覧になった皆様の誤解を招いたことをお詫びいたします。

2008年7月17日
有志一同






こんな感じにまとめてみました。
いかがでしょうか。


<作成していただくことになりました」では、wikiの中の人(特定)が
<ビラ作成という行為そのものを呼びかけているという誤解を
<与えそうなので、その文言を外した方がいいと思いました。/RL>
了解です。


(どう対応するか示さなくてはなりませんよね。
さすがに回収なんて無理なので、お詫びで対応。
新規に印刷するものは、新情報で、とするか?
要検討です)

<回収は無理なので、訂正をもりこんだビラを作るとか?
新規作成分は一次情報ソースで。
訂正は
×「日本の女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる」
○「若い女性はノーブラ・ノーパンを楽しむ」
みたいな形で、(紙媒体なら大きく赤でバツをつけられますね)
誠実に対応しながら、内容を大きく捏造した訳ではないと示せればいいのですが/RL>
<マルバツをで示すのはビジュアル的にも分かりやすそうですね>



<誰に何をお詫びをしているのか、明確にしなければならないと思いました。
曖昧な表記ですと、wikiひいてはwiki管理人様が毎日新聞社に詫びている、
すなわち、今回の活動での毎日新聞社との対話窓口はwikiだと受けとられかねません。

wikiは対毎日新聞の窓口ではなく、
今回の問題に関心を持つ方に対して開かれた情報ベースですので、
謝罪対象は閲覧者とし、
”ご覧になった皆様の誤解を招いたことをお詫びいたします”のみ表記、
それを受け、問い合わせ等を行った各個人・団体が毎日新聞社に
詫びるのは自由というスタイルが活動に即しているよう思います/RL>

<ご覧になった皆様に対してのお詫び>ぴったりきますね。大賛成。/JD
訂正しました。
<ありがとうございます。
<どう対応するかの部分が残りの課題になりますか?
<wiki的にはここで止めていいような気がいたします。/RL