PIO病


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報提供してくださっている皆様に感謝します。

PIOモード病を治す

この病気はWindowsがBIOSから正しい転送モードを受け取っていない時に発病します。
治療方針としては「デバイスの修理・BIOSで正しく認識させる」「WindowsのIDEチャネルを再構築させる」のどちらかです。

●IDEチャネル削除法
(1)PIOモード病に掛かっているIDEチャネルを確認する
  • 「デバイスマネージャー」「IDEコントローラ」(※)
  • 「セカンダリ・チャネルorプライマリ・チャネル」の「プロパティ」を見る
  • 「詳細設定」「現在の転送モード」でPIO病のチャネルを確認する。

(2)WindowsのIDEチャネルを再構築する
  • 「デバイスマネージャー」「IDEコントローラ」
  • PIO病のIDEチャネルを「右クリック」して「削除」を行う
  • 「再起動しますか?」と聞かれたら、それに従う。
 聞かれなくても、再起動を行う。
  • 再起動した直後に、再び「再起動しますか?」と聞かれたら、再起動を行う。
 聞かれなくても、再起動を行う。

(3)PIOモードが直ったか、1)の手順で確認する。

(※)詳しくは「画面下のスタート」「コントロールパネル」「管理ツール」「コンピュータの管理」
「システムツール内のデバイスマネージャ」「IDE ATA/ATAPIコントローラ」

●レジストリ変更法

Ultra DMA/66 を強制するには?WindowsでUltraDMA/66をサポートするハードウェアを使用しているにもかかわらず、
PIOやUltraDMA/33でしか稼動していない場合、次のレジストリキーを追加することで、UltraDMA/66 で稼動できる場
合があります。

(1)[スタート]-[ファイル名を指定して実行] から regedit を起動します。
(2)HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM \CurrentControlSet \Control \Class \{4D36E96A-E325-11CE-BFC1-08002BE10318} を展開します。
(3)設定したい IDE コントローラ (0000 など) を開きます。
 どれがコントローラかは、0000 などをクリックした状態で、右の Driver Desc を見て確認します。
(4)[編集]-[新規]-[DWORD 値] をクリックして EnableUDMA66 を作成します。
(5)EnableUDMA66 をダブルクリックしてデータに 1 を記入しで「OK」をクリックします。
(6)Windows を再起動します。

●マスター・スレーブ入れ替え法

 PIOモード病の原因はデバイスにあります。調子の悪いデバイスをWindowsが察知して、遅いけれど、とりあえずPIOモードで動かしている。
 そこで、マスター・スレーブを入れ替えたり、マザーボードのIDEコネクタを入れ替えたりする事で、該当チャネルに正常デバイスを接続
 させる方法です。
(1)IDEデバイスが全て認識されたら、電源を切って接続をし直す。
   Secondaryのslaveからmasterへ変更。
(2)電源を入れ、デバイスマネージャから接続し直したDVDドライブの転送モードがデバイス0で、
   UDMAモードになっていることを確認。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。