トップページ
 連絡掲示板

■全般
 ゲーム内容・特徴
 操作一覧
 ストーリー
 登場人物一覧
 装備一覧
 よくある質問

■攻略
 Chapter1~3
 Chapter4~5
 Chapter6~7
 
 実績

■その他
 DLC
 ストア
 RSS
 各種リンク


アクセス
今日 -
昨日 -
総数   -  

■検索

■今日の人気ページ
■総合人気ページ

■更新履歴
取得中です。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Chapter6~7」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Chapter6~7」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 *Chapter6~7
 #contents()
 ----
 *&bold(){Chapter6 "D6"}
 -&color(#CC0000){①Dark Star}&br()列車上で暫し会話イベントと精神世界イベント等を挟み、閉じられた扉の前に着く&br()味方(Bolis)が回路を修復しようとするが、背後からnosalisesが襲ってくるので火炎銃座に付いて迎撃&br()暫くすると修理が終わりイベント、先に進む、
 
 -&color(#CC0000){②Dungeon}&br()仲間達と先へ進む、途中のドアでスイッチONの指示を受けるので右側のを操作して空ける(ちなみに左を操作すると…)&br()その後柱の立ち並ぶ空間に着くとnosalisesラッシュ開始、それぞれのポイントで全滅させるまで戦う&br()仲間が5人も居るので撃退は難しくは無いだろう&br()奥の扉につくと1匹のnosalisesの奇襲を受け…&br()その後先へ進み、Caveへ
 
 -&color(#CC0000){③Cave}&br()扉を開けて貰い進む、下の水場に降りるとまたしてもnosalisesラッシュ*2が来るので凌ぐ&br()※余談だが、仲間のうちの一人Vladmir(ショットガンを持った爺さん)はレンジャーでは無く科学者(scientist)なので、nosalisesにやられて死亡する事もある、死なせるとアウトなので守ってあげよう)&br()その先で仲間と分断されるので、合流する為に先に進む&br()なにやら目の光ったnosalisesの亜種みたいなのが襲ってくるが構わずに駆け抜けマンホールを降りる(倒すことも出来る)&br()水路に降り左から2番目の缶を進み崩落場所から上へ&br()地下洞窟のような所に出るが、ここでもさっきの奴に襲われるので駆け抜ける&br()鉄製の足場の上を奥に進み、ドアは左のスイッチを弄って開ける&br()モノレールのホームで仲間と合流すると無人のモノレールがやってくるので乗る、D6へ&br()
 
 -&color(#CC0000){④D6}&br()D6に到着、しかし下に降りるエレベーターが停止しているので動かしに行く&br()Millerに付いて行き制御室へ向かう、しかしシステムは停止しているので、Millerの指示で作動操作を行う事に&br()右の扉から出て上へ向かい、円形の部屋へ&br()4つあるモーターのカバーを先に外し、Millerが指示する番号のモーターに付いている赤いスイッチを押し"続ける"&br()何回も行ったり来たりさせられている打ちにシステムが復活、エレベーターが動き出すのでUlman,Vladmirと合流、下に降りる&br()閉じられた扉前に付くとMillerが「Artyom、何かいいアイディアは無いか?」と言うので、すぐ右にある運搬車両(黄色の小さい車両)を作動させる&br()車両の健気のお蔭で扉が開くので先へ(プレイヤーが何もしないでいると、仲間が車両を動かして開けてくれる)&br()管制室に付くとVladmirが生きているミサイルサイロを調べ始めるが、途中でバックアップ電力が落ちる&br()メイン電源を作動させる為に下層のリアクターへ向かう&br()Miller,Ulmanと共に戻ると光るスライムみたいなのが現れ予定変更、UlmanはVladmirの護衛に付き下層へは隊長と主人公が向かう事に&br()下層通路では先程のスライムが大量に沸いてくる、スライムは基本Millerの方へ向かうので守りながら先へ進む。ちなみにMillerは無敵では無い。&br()(スライムの爆発は主人公も即死級ダメージを受けるので注意、倒した後の爆発でも少量のダメージを受ける&br()スライムを撃つ以外に、湧き出るポイントを破壊する事も出来るのでお勧め)&br()その先でエレベーターに乗り下に降りる、biomassへ&br()
 
 -&color(#CC0000){⑤biomass}&br()下に降りて行くと、メイン電源装置になにやら巨大な物体が絡み付いているのが見える&br()スライム地帯を抜け、梯子を登り制御室へ&br()Millerが制御棒のスイッチを入れるが、巨大な物体の触手が邪魔をして作動しない&br()クレーンを操作して除けるよう言われるので右のドアから出、物体の傍を経由して奥の梯子を登りクレーン操縦席へ&br()左のパネルを見ながらクレーンそ操作し、マーカーを◎に合わせる&br()ぴったり合うと音声ガイダンスと共にマーカーが変化するので、クレーンを降ろす&br()制御棒が引き上げられるので、これを3つとも行えばOK&br()(謎の物体はクレーンの移動音に反応して触手で攻撃してくる、何回かやられると死亡)&br()終わったらクレーンを元に戻すか右手奥の足場に付けて外に出る、制御室のMillerと合流しエレベーターで上へ戻る、separationへ
 
 -&color(#CC0000){⑥separation}&br()D6入口に戻ってくる、Millerに付いて行きUlmanの所へ&br()傍にあるミサイル誘導装置(Missile Guidance system)を取り列車に乗る&br()Ulmanと別れ、MillerとTowerへ向かう... Chapter7へ
 
 ----
 *&bold(){Chapter7 "Tower"}
--&color(#CC0000){①Tower}&br()ここからPrologueの時間軸と同一になり、ハウラーの大群が現れるシーンから始まる(装備品は今までの物を引き継いでいる)&br()かつてのプレイヤーの記憶通り、レンジャー達は健闘虚しく上空からのdemonsにやられてしまう...&br()が、あわやDemonの餌食という所でMillerに助けられ、唯一生き残った二人でTowerへ向かう&br()Millerと共にnosalisesの群れを蹴散らしながら進む&br()Millerから離れすぎると犬にやられる演出が入り死亡するので注意&br()(ここで相手する黒いハウラーeは非常にタフで強い、有るなら軍用弾を目一杯撃ち込んでやろう)&br()無事Towerに到着後エレベーターで上へ登る
+-&color(#CC0000){①Tower}&br()ここからPrologueの時間軸と同一になり、ハウラーの大群が現れるシーンから始まる(装備品は今までの物を引き継いでいる)&br()かつてのプレイヤーの記憶通り、レンジャー達は健闘虚しく上空からのdemonsにやられてしまう...&br()が、あわやDemonの餌食という所でMillerに助けられ、唯一生き残った二人でTowerへ向かう&br()Millerと共にnosalisesの群れを蹴散らしながら進む&br()Millerから離れすぎると犬にやられる演出が入り死亡するので注意&br()(ここで相手する黒いハウラーeは非常にタフで強い、有るなら軍用弾を目一杯撃ち込んでやろう)&br()途中の休憩地点でチェックポイントがつく&br()ただしガスマスクが割れた状態で強引に駆け込みチェックポイントをつけてしまうと&br()酸素切れで次の目的地へたどり着けず、詰みの状態になってしまうので注意&br()無事Towerに到着後エレベーターで上へ登る
 
 -&color(#CC0000){②Top}&br()冒頭でエレベーターが衝撃受け、主人公は外に弾き出される&br()Demonのちょっかいを受けながら外壁部を登っていきMillerの所へ&br()すると外壁を破ってDemonがMillerに襲い掛かる、「撃て!」と言われるのでDemonに弾丸を浴びせ倒す(放っておくとMillerがDemonにやられてアウト)&br()結果、負傷し行動不能となったMillerから誘導装置の設置を託される&br()Demonが壊した外壁を乗り越え上へ向かい、外部に露出した梯子に取り付く、登る途中で何度かQTEイベント発生&br()途中Dark Oneの幻聴が聞こえてくるが構わずどんどん登る、内部の崩落した足場を登る時に再度QTE発生&br()最上部に着いたら張り出してる足場に向かうと自動でミサイル誘導装置を設置する&br()が、ミサイル発射を止めようとするDark Oneの力、で主人公は意識を失う...&br()&br()なにやら魚眼視点のような精神世界に引き摺り込まれる、下に落ちると現実世界でもTowerから落下して死亡するので注意&br()周りに見える扉を4つ開けるとイベント進行
 
 -&color(#CC0000){Ethereal}&br()精神世界の続き、一本道を進むとエフェクトと共に背後にDark Oneが現れる&br()捕まるとアウトなので、とにかくDark Oneから逃げ続ける&br()途中ループしている場所は戻ると先へ進める&br()分かれ道に着くと、左から助けを求める声が聞こえるがこれはDark Oneの罠、右へ向かう&br()途中世界の外見が変化するが変わらず前進、分かれ道を真っ直ぐ→右と進む&br()また世界が変化し、エキシビジョン駅で出会ったハンターが現れ主人公に銃を渡し「敵なら殺せ」と告げる&br()背後から迫るDark Oneに銃口を向け撃つ、そして...&br()
 ----
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|