• TOP
  • この動画について

モンスターデータ
漫然と~シリーズ
1.プラント種(かしこさ)
2.ホッパー種
死ぬ気で~シリーズ
3.ウンディーネ種
4.ゴーレム種
5.ジョーカー種
6.ガリ種(かしこさ)
7.ヘンガー種(ちから)
8.ヒノトリ種
9.モノリス種(ちから)
10.ハム種
11.デュラハン種
12.アローヘッド種
13.ドラゴン種(かしこさ)
14.ドラゴン種(ちから)
15.ワーム種
16.羽化→ガリ種(ちから)
17.チャッキー種
18.ケンタウロス種
19.ピクシー種(かしこさ)
20.ピクシー種(ちから)
21.モック種
22.ライガー種(ちから)
23.ライガー種(かしこさ)
24.ナイトン種(ちから)
25.ナイトン種(かしこさ)
26.ナーガ種
27.ニャー種
28.コロペンドラ種
29.ゴースト種
30.グジラ種
31.バジャール種
32.ゲル種(かしこさ)
33.ゲル種(ちから)
34.ネンドロ種
35.ジール種
36.スエゾー種
37.ヘンガー種(両立型)
38.プラント種(ちから)
39.ダックン種(かしこさ)
40.ダックン種(ちから)
41.羽化→モノリス種(かしこさ)
42.ラウー種
43.メタルナー種
44.ビークロン種
45.アーケロ種
46.バクー種
47.ロードランナー種
48.モッチー種
EX.その他
  • 各種データ
  • その他
    • プレイヤー
    • 対戦相手たち
    • 動画内ネタ
    • 名勝負紹介
    • 予定表
    • 各種ランキング
    • 絵描き板
  • おまけトーナメント
    48杯(仮)
  • この wiki への要望
  • 交流掲示板


counter
total -
today -
yesterday -

リンク


MF2攻略サイトリンク




ここを編集

Upload 主について


  • 見栄え重視
  • ライフ重視
  • 移動速度重視
  • 大会でラクしたいので育成で頑張るタイプ
  • パラメータは見栄えのためなるべくバランスよく伸ばす
効率は重視してますが、十分強くなればそれでいいやーという考え

ネーミングセンス、対応の丁寧さなどに定評がある。
その一方、たまに投稿者コメントがぶっとんだ内容で、「うp主壊れたか」などと言われたりも。

解説画面ではコルト、ウィオラ(マーケットの娘)のグラフィックとウインドウを借りて会話。
その際のBGMではそのモンスター種族にやや関係がある選曲がなされる。
今まで流れたBGMはFF関係、Saga Frontier関係、デュープリズム等。

動画は編集、倍速、カット等を使い一ヶ月の流れなど必要な部分だけを流れでみせる。
「Load画面はカットするが、ノラモン登場時は残す」「大会での他モンスター対決は1.5~3.0倍を流すのでどれ位がいいか」など配慮が細かい。
なお、探検やノラモン対決ではよく倍速を使うが、誕生日の歌、プレゼントの場面は必ずノーカットノー編集。
ステータスは半年毎、または大会時に見れるので誕生日が育成の区切りとなっている。

アミノ というプレイヤー名は、モンスターファーム2のゲーム中では基本的にプレイヤー名はさん付けで呼ばれるため
洒落をきかせてつけたもの。
ちなみに動画内でちらっと見れるモンスターファーム1のプレイヤー名は みかわや である。

以前は FF7の制限ボス撃破プレイ などを上げていた。


シリーズ化の経緯

2008年2月3日、「モンスターファーム2を漫然とプレーその1」と称しモンスターファーム2をオープニングからのプラント種オボロゲソウ、 あおばシゲル の育成動画をうp。
あおばシゲルが殿堂入りを果たし育成が終了、ラストの解説にて
初代という事で資金が何かと必要ですし、桃調達も重要です。
そこで長寿かつ探検に向いたモンスターということで、プラント系を選びました。
(中略)
ナイトン・ウンディーネという2大人気種族(ついでにグジラ)解禁にはホッパー種が必要です。
という事で、次はホッパー種でがんばります。
2代目以降、資金も桃もある状態で育てれば、普通に強くて当たり前という気がします。
というわけで、2代目以降も資金5000で育成。残すアイテムは隠し種族解禁のみです。
ホッパー種ワガハイ、 ぼっちゃん 育成。
残りの解禁を モンスターファーム2を漫然とプレーその19 のビークロン種、ビートルズにて行う。
と、ここで
漫然とか銘打ってますが、やってるうちにかなり本気になってきました。
そういうわけで、新タイトルは『MF2死ぬ気で全種族殿堂チャレンジ』あたりで考えてます。
かなり長くなりそうですが、夏休みがあるのでどうにでもなるでしょう。
と、タイトルを死ぬ気で全種族殿堂チャレンジに変更。
これだけでも大変だが、育成したモンスター同士の戦いが見たい、違ったタイプの育成も見たい、とのコメントにより48種育成を決心
ちから技・かしこさ技の両方が見所あるモンスターがMF2には多々あります。
というわけで、何種族かは、ちからかしこさ両タイプで育成しようと思います。
それで、MF2には38種族いるのですが、因数の都合で48体育てたいと思っています。
後日
考えてみれば~(あとで引用)
という程の大仕事。


だいたいの育成の流れ

ミーアを再生。
ミーアは最初からバランス技に加えて 投げキッス(ガッツダウン技) , ヒールレイド(大ダメージ技) , レイ(クリティカル技) を覚えている。
これをメインすり替え合体(詳しくは技継承について)を用い、最初から技を覚えているモンスターを合体で作る。
また、後半のモンスターの育成では、弱点を補助するため円盤石再生を行う事もある。(詳しくは円盤石再生の初期パラメータ解析)。

3月1週に育成スタート。6歳3ヵ月になると同時にシルバー杯に出れるため。他モンスターによる週送りは基本的に行わない。
5月4週のジェミニ杯に出場。ふたごの水差しは恐れ度を上げるため忠誠度を上げるのに有用。
6月4週のIMA公式戦Dに出場。Cランクへ。
これまでの育成でライフ、かしこさを上げておき、大会、スタープルーンを使い人気を50以上に。
10月1週の冒険、パレパレジャングルで黄金モモを、2月1週の冒険、トーレス山脈で金のかたまりを手に入れ、売る。
基本的にこれ以降はほぼ冒険に出て金を稼ぐ。
エサのビタミンもどきや、油草育成で金がかかるため。
(このため、毎年誕生日は冒険明けで疲れている事がネタになっていた。)
修行に出て技を覚えておく。技は使い込みの関係もありモンスターによって時期が違う。
ピークになると集中して油草育成。この頃はお誕生日動画となる。
ピーク終了してからにBランク公式戦に出ると楽勝なので、という理由でこの辺りでIMA公式戦Bに出場。Aランクへ。
ピーク開始から50週が経過したら黄金モモ。引き続き油草育成。

ピークが終わると修行で技を揃え、IMA公式戦Sに出場。
5月2週 M-1グランプリ へ出場。
8月2週 ウィナーズ杯 へ出場。
11月2週 ワールド・モンスターズ杯 へ出場。
2月2週 グレイテスト-4 へ出場。
4月4週 レジェンド杯 へ出場。殿堂入り。
レジェンド杯出場前のデータで再開。6月2週シルバー杯へ出場。
修行に出て残りの技を覚える。
寿命に余裕があるモンスターの場合、8月4週 2大陸対抗戦へ出場のおまけ。

Upload主手書きによる大体の流れ


コメント
名前:
コメント:

添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー