※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

       /\
      /:入ヘ.丶、           /  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
     .|/,-.、,-\∨/        / むひひひひひ
     /||/| |\|:\ヽ∠      i これで俺様も
   _ / | `-', ,. ̄ 彡|:\       i 神の領域に突入よぉ
   ─.|-.|ミ      ;\ヽ,    /   
   /|:.| |        .|:/ヽ     ̄ ̄\ _ _
    / ; ヽ、  / ̄)/ ./\          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    \ヽ、 Y ̄  /;ヽ/:/ ,  .\
     (   ̄   /|: /:/ |/ ..|
     く   / ;/ |:/:/ /    >
      \  / ./  /    ヽ

UVマップを外部に保存

今回もkintaさんにお世話になります。
http://www11.plala.or.jp/nkinta/hl2/tips02.htmによると、
テクスチャを作成するためにUVマップを作ります。
メニューバーの Property -> Texture Projecton から、UVマップを作成します。
そしてTexture Editor を使って、ワイヤーが重ならないように、均等に隙間なく無駄なく展開します。
バックに真っ黒なイメージを置きます。
Texture Editor の Edit -> Stamp UV Mesh で、ワイヤフレームを焼き付けた画像を保存します。
とのこと。
ここで用意する真っ黒なイメージがそのままテクスチャファイルになると思う。
ので、テクスチャと同じサイズにしといた方が幸せでしょう。
適当に、512x512で用意してみる。ファイル名は uvmap.tga。

さっそくスタンプしたいけど・・・UV展開がイミフ。
さすがnoobキラーだぜ!

すこしでも面の数を少なくして、UVマップ把握しやすくしましょうか。
ってことでゲーム中見えない面を削除したらこんな感じ。
(マップ中のオブジェクトとしては作らないので、view modelだけでいい。ワルサー捨ててゲームが落ちても知らん)


4つあるウィンドウの右上のモデル。スカスカ!
カルシウムとらないと駄目よ?

今更だけど、XSI_Basic.pdfっていうのが少し参考になるよ!

結局、テクスチャ作成に入れなかったなぁ・・・。

Battle6

06:「わるさーは平らである」の巻