miteifc @ ウィキ

さ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サイゼリヤ

未定の選手達が過去に何度もお世話になってきた優良ファミレス。
国立での試合後は必ず代々木のサイゼリヤを利用する。
通称はサイゼだが、未定内ではゼリヤと呼ぶのがスタンダード。
ペペロンチーノは300円で食べれるので人気が高い。

財前ゴール

未定FCの選手達がまだランブルビーバスで遠征に行っていた際、
試合後のバスでこのチャントを歌うブームがごく短い間だけ起きた。

さくら公園

未定FCが活動初期に練習に使っていたグラウンド。
紅白戦などの試合も行っていた。
ピッチとスタンドの距離が近いので観客は最高の臨場感を味わえる。

さくら夙川

スンツさんお気に入りのスポットの一つ。
2008年の大阪遠征ではスンツさんがさくら夙川に行きたいと言って聞かず
ギリギリまで夙川公園に行くプランも立てられたが
結局、ただの公園だろということで却下になった。桜は綺麗らしい。

させ

させさん。
ロッテの応援団席の中でも人一倍熱い応援を見せ
西武ドームなどでは騒いでいる周囲の厨房をなぎ倒して教育している。
蛍光緑をこよなく愛していて未定の一部メンバーもリスペクトしている。

SBODQN杯

スンツカップで、メンバーが多い時に行われる最下位決定トーナメント。
予選で下位に回った選手たちが熱戦を繰り広げる。
過去1回行われて、KYが王者に輝いた。
読み方は、なぜこの行のこの場所にあるかを参照に考えてください。

サム頼みの糞フットサル

未定FCがフットサルの試合を行うと、
エースのサムへの依存度が極端に高いことからこう言われる。
実際未定のゴールのほとんどはサムの個人技から生まれていて
これを否定することは一切出来ない。

さる親父

ゴール裏でキーキーうるさい猿を飼っている親父。
だが、試合が始まると猿を差し置いて本人が一番うるさい。
特に後半になるとカモンに合わせて非常にうるさくなる。
たまに変なマフラーをしていることでもお馴染み。

残念会

負け試合の後にバーミヤンやサイゼリアなど行われるイベント。
実際は普段通りに飯を食うだけだが、基本的にネガティブなスンツさんは
いつも試合前から「今日は試合後に残念会をやる予定」と言っている。
逆にスンツさんが、今日は勝てそうなどと言った試合は負ける事が多い。

「3枚」

バウルのイエローカードがたまってくると
試合後にのぶちゃんが必ず確認してくる恒例のイベント。

サーターアンダギー

2007年度の未定FC流行語大賞の受賞者となったオッチョ氏に
スンツから贈呈されたプレゼント。
だが、スンツ曰く「単に旅行のお土産を渡しただけ」との事。

仕切り屋

とにかく場を仕切りたがる人。
場の中心にいないと気が済まない様で、各所に図々しく顔を出してくる。
好みではない人物は堂々と省き、試合中はぬるぬるとコア部で着席観戦。

実家

♪初めて買ったエロゲだけど届いた先は~~実家!!!

スンツカーで流れた際は全員で大合唱する曲の1つ。
一番の力をこめて「実家!!」と叫びましょう。

新快速

スンツお気に入りの列車の一つ。
新快速に乗ると、とたんにスンツのテンションは急上昇する。

吹田

スンツお気に入りの地域の一つ。
吹田のアウェーは優先度が高い。

菅仙谷スタジアム

未定FCのホームスタジアムだったのだが
近隣住民と選手との間に警察沙汰になるトラブルが起きたため
今は使用されることは一切無い。
この一件以降、菅仙谷はホームタウンからは外されている。

スシロー

未定FCが何らかの大会で優勝した際は
多摩境のスシローでの祝賀会が予定されている。

スンカジ

スンツカジュアル。
その名の通りスンツ氏のカジュアルのこと。
ここに詳しい説明が。
http://ameblo.jp/miteifc/entry-10071254453.html

スンツ

説明する必要があるのだろうか。
2007年度未定FC流行語大賞受賞。

スンツカップ

未定FC内で行われるウイイレ大会の名前。
2007年に始まりこれまで数多くの熱戦が繰り広げられてきた。
しーな、ホリ、サトウらが優勝の常連。スンツも上達中。

スンツカー

2008年夏にスンツが免許を取得し、
遠征などにこのスンツカーが度々使われるようになった。
黒の小さな軽自動車で、後部座席に冷房が行き届かないのが特徴。

スンツシャツ

スンツ氏が夏に着る真っ白なシャツのことを指す。
白の無地のシャツをここまで見事に着こなすのはスンツ以外いない。

スンツ西澤のオチのない話

スンツ西澤が時折披露するまったくオチのない話。
本人は満足そうに話し終えるが、周囲はポカーンとなる。
いくつかの話をまとめたDVDが発売されたとかされないとか。
http://ameblo.jp/miteifc/entry-10081065028.html

スンツ祭り

スンツによるスンツのための祭り。
2007年は漢祭りに被せて盛大に行われ、
あの家本氏もスペシャルゲストとして参加した。
2008年はカシマスタジアムでこれもまた盛大に行われた。

「スンツも死ぬよ、渦潮で」

2007年の愛媛遠征の際、渦潮見学があると聞かされたスンツが一言。
実際は渦潮を前に記念撮影を済ませただけだった。

「セイ、ウィー、トーキョー!」

コブラに合わせてゴール裏各地で上がる伝統的なかけ声。
未定のメンバーたちの周辺でも、調子がいいときはこの声が上がる。
本場では試合内容に関係なく、常に上がっている。

世界のミシェウ

2008年の夏場に、不振を極めていたジェフが連れてきた最強助っ人。
スンツさんはこの世界のミシェウを非常に警戒していて
対戦する前から「見たことはないけどミシェウはワールドクラス」と
周囲に何度も警告していた。
そのジェフとの対戦ではミシェウは欠場したものの完敗。
同意語として、「見たことはないけどゼ・ルイスはJ2クラス」がある。

「絶対勝つ!」

試合前に気合いを入れるならこの一言。
その試合にかける意気込みが強ければ強いほど「ぜ」の数が増える。

専属カメラマン

ヴェルディゴール裏の専属カメラマンの方を指す言葉。
毎度毎度得点の時間にちょうどカメラを構えていることから
素晴らしい写真が数多く生まれている。
もっぱら公式のカメラマンの人の撮る写真より凄いとの評を受け
いずれ未定ブログ内で有料コンテンツとして紹介したいと考えている。
馬鹿にしているようですが人間としてもリスペクトしております。

全緑失笑

2007年5月の山形戦、当時奇跡が起きて首位を走っていた山形の
一部DQNサポが舞い上がってしまって掲出した煽り幕。
慣れないもんだから出すのに手間取った挙句、
山形フロントに即座に撤収されるという、まさに失笑もんだった。
ちなみにこの後から山形は失速し昇格は果たせず。

総長

サポーターが過去に背負ってた経歴は様々です。